English 

春日 規克 (カスガ ノリカツ)

プロフィール

所属
創造科学系 保健体育講座
職名
特別教授
学歴
1979 , 東京学芸大学大学院 , 教育学研究科 , 運動学
1975 , 東京学芸大学 , 教育学部 , 保健体育科
取得学位
教育学修士 , 東京学芸大学
博士(医学) , 東京慈恵会医科大学
研究職歴
2000- , 愛知教育大学 教授
1986-2000 , 愛知教育大学 助教授
1982-1983 , 愛知教育大学 助手
1979-1982 , 東京慈恵医大 専攻生
所属学会
日本体力医学会
日本運動生理学会
日本体育学会

研究活動

研究分野
スポーツ科学
運動生理学
キーワード:骨格筋
現在の研究課題
筋損傷と再生機構
キーワード:筋衛星細胞 , 運動 , 発育
論文
Ishido1 M and Kasuga N.
Characteristics of the Localization of Connexin 43 in Satellite Cells during Skeletal
Acta Histochem. Cytochem., 48(2):53-60, 2015
H. Tamaki1, K. Yotani2, F. Ogita2, K. Sugawara1, H. Kirimto1, H. Onishi1, N. Kasuga
Effect of electrical stimulation-induced muscle force and streptomycin treatment on muscle and trabecular bone mass in early-stage disuse musculoskeletal atrophy.
J Musculoskelet Neuronal Interact, 15(3):270-278, 2015
Kasuga Norikatsu and Takemori Shigeru
Effects of downhill running incorporated into long-term endurance training on skeletal muscle fiber-type switching and fatigue resistance.
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 3(3):353-362, 2014
Tamaki, H., Tomori, K., Yotani, K., Ogita, F., Sugawara, K., Kirimto, H., Onishi, H., Yamamoto, N., Kasuga, N.
Electrical stimulation of denervated rat skeletal muscle retards trabecular bone loss in early stages of disuse musculoskeletal atrophy.
Journal of Musculoskeletal Neuronal Interactions, 14(2):220-228, 2014
春日規克, 西沢富江, 山下晋, 辻本尚久
筋損傷にともなう神経筋接合部の変化
久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要, 21:1-8, 2014
春日規克, 加藤玲香, 三原幹生
雪上キャンプにおけるイグルー内の環境に関する調査研究
キャンプ研究, 1:1-5, 2014
平野友枝, 山下晋, 加藤玲香, 春日規克
幼児期の生活状況が学童期の運動能力に及ぼす影響
名古屋短期大学研究紀要, 52:91-96, 2014
春日規克,石道峰典,幸篤武
肥大を起こした筋線維の特性
愛知教育大学研究報告, 62:27-33, 2013
加藤玲香,山下晋,春日規克
文科省新体力テストのソフトボール投げにおける巧緻性の再考
愛知教育大学保健体育講座研究紀要, 37:1-5, 2013
山下晋,春日規克
小学校休み時間に行う運動介入が児童の運動能力に及ぼす影響
岐阜聖徳学園大学短期大学部紀要, 45:127-140, 2013
Ishido, M., Kasuga
In vivo real-time imaging of exogenous HGF-triggered cell migration in rat intact soleus muscles.
Acta Histochemica et Cytochemica, 45(3):193-199, 2012
幸 篤武,與谷謙吾,石道峰典,田巻弘之,春日規克
ジャンプトレーニング並びに持久走トレーニングによるラット下肢骨及び骨格筋の発達変化とその関連性
日本運動生理学雑誌, 19(2):65-73, 2012
Ishido, M., Kasuga, N.
In situ real-time imaging of the satellite cells in rat intact and injured soleus muscles using quantum dots.
Histochemistry and Cell Biology, 135(1):21-26, 2011
Yuki, A., Yotani, K., Tamaki, H., Kasuga, N., Takekura, H.
Upregulation of osteogenic factors induced by high-impact jumping suppresses adipogenesis in marrow but not adipogenic transcription factors in rat tibiae.
European Journal of Applied Physiology, 109(4):641-650, 2010
幸篤武,永田昌義,野口公輔,春日規克,石道峰典
筋損傷を伴う走トレーニングが骨格筋の形態的,機能的特性に及ぼす影響
愛知教育大学研究報告, 60:47-52, 2010
Minenori Ishido, Norikatsu Kasuga, Mitsuhiko Masuhara
The expression patterns of Pax7 in satellite cells during overload-induced rat adult skeletal muscle hypertrophy
Acta Physiologica, 195:459-469, 2009
春日規克,石道峰典,鈴木英樹, 幸篤武
タイプ移行した筋線維の特性
愛知教育大学研究報告, 59:35-41, 2009
Minenori Ishido, Norikatsu Kasuga, Mitsuhiko Masuhara.
Time course changes of the expression of IGF-I, phosphorylated Akt and phosphorylated mTOR in myofibers of the early stage of functionally overloaded skeletal muscle
Advances in Exercise and Sports Physiology, 14(2):25-30, 2008
石道峰典, 春日規克
自発走トレーニングを伴う慢性過負荷が骨格筋の形態特性,筋線維タイプ構成比に及ぼす影響
日本運動生理学雑誌, 15(1):19-25, 2008
Susumu Yamashita, Kelly F. McGrath, Atsumu Yuki, Hiroyuki Tamaki, Norikatsu Kasuga, Hirochi Takekura
Assembly of transverse tubule architecture in the middle and myoteditnous junctional regions in developing rat skeletal muscle fibers
J. Muscle res. Cell Motil., 28:141-151, 2007
中村和誉, 幸篤武, 辻本尚弥, 春日規克, 鈴木英樹
ラット内側腓腹筋における異なる部位での形態および組織化学的酵素活性の適応変化
東海保健体育科学, 28:11-20, 2006
Tomie Nishizawa, Susimiu Yamashita, McGrath, K.F., Hiroyuki Tamaki, Norikatsu Kasuga and Hiroaki Takekura
Plasticity of neuromuscular junction architectures in rat slow and fast muscle fibers following temporary denervation and reinnervation processes.
J. Muscle res. Cell Motility, 27:607-615, 2006
Isimatsu Suzuki, Hideaki Komiya, Junichi Maeda, Norikatsu Kasuga, and Takashi Takemiya
Fiber type specificity, size,myonuclear number and domain in slow and fast muscles in adult mice.
Advances in Exercise and Sports Physiology, 12(2):35-42, 2006
春日規克
筋損傷へのアプローチ ―個体レベルから蛋白レベルで探るメカニズム,細胞レベルからみた筋損傷
体力科学, 55(1):67-69, 2006
石道峰典, 平野朋枝, 春日規克
運動性筋損傷から回復後に見られる極細筋線維の機能特性
体力科学, 54(3):269-278, 2005
春日規克, 堀田典生, 平野朋枝, 竹倉宏明
一過性の除神経から再支配にかけての神経筋接合部の変化
愛知教育大学研究報告, 54:53-59, 2004
科学研究費補助金(研究代表者)
2015 - 2017 , 再生筋における筋衛星細胞遊走性のin situイメージング , 基盤研究(C)
2009 - 2011 , 運動性筋損傷後の再生に働く筋衛星細胞のバイオイメージング , 基盤研究(B)
1997 - 1998 , 骨格筋の損傷及び再生に対する運動と加齢の影響 , 基盤研究(C)
1995 - 1996 , 筋再生時にみられる筋線維タイプ移行の機序 , 一般研究(C)
1988 - 1988 , 筋肥大及び筋線維組成の変化と張力特性 , 奨励研究(A)
科学研究費補助金(研究分担者)
2011 - 2014 , 運動が老齢期におけるラット骨格筋神経筋接合部形態および運動神経細胞に及ぼす影響 , 基盤研究(C)
2006 - 2008 , トレーニングラットの筋細胞収縮中におけるCRUs分子構造変化のバイオイメージング , 基盤研究(B)
2003 - 2005 , トレーニングに伴う筋細胞膜系の構造変化と細胞内情報伝達機構の関連性 , 基盤研究(B)
2000 - 2003 , 筋細胞微細器官の三次元モデル構築及び筋収縮時における構造変化のリアルタイム観察法 , 基盤研究(B)
1998 - 2000 , 発育期における過度のトレーニングの危険性を考慮した運動処方プログラムの開発 , 基盤研究(A)
受託研究
2006 - 2012 , In Vivoイメージング技術の開発と生体運動(分担) , CREST戦略的創造研究推進事業

教育活動

授業等
2019 , 前期 , 体つくり運動
2019 , 前期 , 生理学(運動生理学を含む。)
2019 , 前期 , 野外活動B
2019 , 前期 , 運動指導法A
2019 , 前期 , 保健体育学研究Ⅱ
2019 , 前期 , 運動生理学演習Ⅰ
2019 , 前期 , 野外活動演習
2019 , 後期 , スポーツⅠ
2019 , 後期 , 運動生理学
2019 , 後期 , 野外活動C
2019 , 後期 , 保健体育学研究Ⅰ
2019 , 後期 , 運動生理学演習Ⅱ
論文指導
2015 , 卒業論文指導学生数 計:5(0) , 修士論文指導学生数 計:1(0)
※カッコ内は留学生数

社会活動

生涯学習等に係る活動
2006- , 愛知児童館連絡協議会児童厚生委員研修会講師
日本学術会議協力学術研究団体(学会)等での活動
2010-2011 , 日本学術振興会 科学研究費審査員
本学以外の公的機関を通した活動
2005- , 日本体育協会 スポーツ指導者養成講習会・スポーツプログラマー養成講習会講師

管理運営

学内兼務職
2014 - 2016 , 附属高等学校 , 校長