English 

渡辺 和靖 (ワタナベ カズヤス)

プロフィール

所属
渡辺和靖著
保田與重郎研究 : 一九三〇年代思想史の構想
ぺりかん社, 2004
 人文社会科学系
職名
名誉教授

研究活動

著書
渡辺和靖著
保田與重郎研究 : 一九三〇年代思想史の構想
ぺりかん社, 2004
渡辺和靖著
萩原朔太郎 : 詩人の思想史
ぺりかん社, 1998
渡辺和靖著
自立と共同 : 大正・昭和の思想の流れ
ぺりかん社, 1987
渡辺和靖著
明治思想史 : 儒教的伝統と近代認識論
ぺりかん社, 1985
渡辺和靖著
出会いへの旅立ち : 道元
日本教文社, 1980
渡辺和靖著
明治思想史 : 儒教的伝統と近代認識論
ぺりかん社, 1978
論文
渡辺 和靖
米沢時代の吉本隆明--詩集稿『呼子と北風』の形成過程
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 58:41-52, 2009
リポジトリ
渡辺 和靖
敗戦前後の吉本隆明--保田興重郎理解をめぐって
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 57:63-73, 2008
リポジトリ
渡辺 和靖
音読による授業構成の試み(8)ダダイスト中原中也 故郷離反と故郷回帰
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 11:109-118, 2008
リポジトリ
渡辺 和靖
吉本隆明の詩集稿『呼子と北風』の編纂時期をめぐって
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 56:74-65, 2008
リポジトリ
渡辺 和靖
吉本隆明と小林秀雄
比較思想研究, 比較思想学会, 35:43-45, 2008
渡辺 和靖
音読による授業構成の試み(4)安城時代の新美南吉・詩人として教師として
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 56:37-47, 2007
リポジトリ
渡辺 和靖
音読による授業構成の試み(5)川端康成の『伊豆の踊子』
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 10:157-166, 2007
渡辺 和靖
吉本隆明の初期思想--東京府化学工業学校から米沢高等工業学校まで
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 55:84-75, 2007
リポジトリ
渡辺 和靖
音読による授業構成の試み(2)新美南吉『良寛物語』
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 55:40444, 2006
リポジトリ
渡辺 和靖
音読による授業構成の試み(3)「諦念」・明治42年の森鴎外
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 9:135-144, 2006
渡辺 和靖
鈴木三重吉・童話作家転身の謎--音読による授業構成の試み(7)
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 54:28-37, 2006
リポジトリ
渡辺 和靖
書評と紹介 末木文美士著『明治思想家論』--近代日本の思想・再考(1)
日本歴史, 吉川弘文館, 690:118-120, 2005
渡辺 和靖
萩原朔太郎「東京遊行詩篇」考
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 54:19-31, 2005
リポジトリ
渡邉 和靖
萩原朔太郎研究・補遺(その3)
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 53:70-63, 2005
リポジトリ
渡辺 和靖
保田與重郎「芭蕉の新しい生命」--血統論のもたらしたもの
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 53:39-50, 2004
リポジトリ
渡邉 和靖
萩原朔太郎研究・補遺(その2)
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 52:66-59, 2004
リポジトリ
渡辺 和靖
保田與重郎「日本文芸の伝統を愛しむ」--血統論の構築へ
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 52:73-83, 2003
リポジトリ
渡辺 和靖
萩原朔太郎研究・補遺(1)
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 51:64-57, 2003
リポジトリ
渡辺 和靖
保田與重郎・作品論『後鳥羽院』 (特集=日本浪曼派とその周辺) -- (日本浪曼派の人々とその周辺)
国文学 : 解釈と鑑賞, ぎょうせい, 67(5):100-106, 2002
渡辺 和靖
保田與重郎と折口信夫--後鳥羽院と芭蕉の系譜
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 51:43-54, 2002
リポジトリ
渡辺 和靖
保田與重郎における「血統」観念の形成
年報日本思想史, 日本思想史研究会, 1:40189, 2002
渡邉 和靖
保田與重郎の別名義作品概観
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 50:50-43, 2002
日高 昭二, 金子 明雄, 渡辺 和靖
座談会 大正の読みかた (特集 「大正」現象)
文学, 岩波書店, 2(4):33-54, 2001
渡辺 和靖
保田與重郎の習作「室生寺の弥勒菩薩像」
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 50:47-60, 2001
リポジトリ
渡邉 和靖
保田與重郎の初期短歌
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 49:54-47, 2001
渡辺和靖
橋と戴冠
伝統と変容 : 日本の文芸・言語・思想, ぺりかん社, 2000
渡辺 和靖
保田與重郎とマルクス主義--習作「好去好来の歌」論をめぐって
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 49:19-32, 2000
リポジトリ
渡辺 和靖
保田與重郎「近世の唯美主義」--後鳥羽院論研究の一部
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 48:62-55, 2000
渡辺 和靖
保田与重郎「当麻曼荼羅」--初期文芸批評の到達点
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 48:35-48, 1999
リポジトリ
渡辺 和靖
保田與重郎における芭蕉論の展開--後鳥羽院論研究の一部
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 47:57-50, 1999
渡辺 和靖
保田與重郎の習作期--「上代芸術理念の完成」を中心に
日本思想史学, 日本思想史学会, 31:145-162, 1999
渡辺 和靖
保田与重郎の習作「芭蕉襍俎」--模倣と引用のアラベスク
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 47:37-50, 1998
リポジトリ
渡辺 和靖
「芭蕉の不易流行に就て」--保田与重郎の『全集』未収録作品
文芸研究, 日本文芸研究会, 144:55-64, 1997
渡辺 和靖
保田与重郎の初期思想--「問答師の憂鬱」における狡知
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 46:47-60, 1997
リポジトリ
渡辺 和靖
「戒壇院の広目天」--保田与重郎の『全集』未収録論文
文芸研究, 日本文芸研究会, 143:107-116, 1997
渡辺 和靖
保田与重郎の思想形成--「蝸牛の角」における詭計
愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 45:51-60, 1996
リポジトリ
渡辺 和靖
保田与重郎の習作「世阿弥の芸術思想」--日本古典への旅立ち
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 44:45-56, 1996
渡辺 和靖
朔太郎の片恋--大正3年「日記」をめぐって
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 44:77-90, 1995
リポジトリ
渡辺 和靖
萩原朔太郎の不安(「月に吠える」後半の課題-2-)
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 43:45-60, 1994
リポジトリ
渡辺 和靖
<新生>事件まで--「月に吠える」後半の課題-1-
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 42:63-77, 1993
リポジトリ
渡辺 和靖
内部にいる人--「月に吠える」前半の課題
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 41:65-79, 1992
リポジトリ
渡辺 和靖
萩原朔太郎における「疾患」と「浄罪」
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 40:71-85, 1991
リポジトリ
渡辺 和靖
萩原朔太郎「憂愁の森」と蒲原有明「独絃哀歌」
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 39:40190, 1991
渡辺 和靖
萩原朔太郎--「愛憐詩篇」から「浄罪詩篇」へ
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 39:75-90, 1990
リポジトリ
渡辺 和靖
仮構された「少年時代」--萩原朔太郎「愛憐詩篇」の形成
文芸研究, 日本文芸研究会, 122:28-37, 1989
渡辺 和靖
「宿酔」前後--朔太郎と自然主義
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 38:53-67, 1989
渡辺 和靖
萩原朔太郎とドストエフスキー (〔比較思想学会〕研究例会発表要旨(東海地区)) -- (第2回研究例会(1.12.9))
比較思想研究, 比較思想学会, 16:229-232, 1989
渡辺和靖
萩原朔太郎の詩の方法
日本精神史, ぺりかん社, 1988
渡辺 和靖
萩原朔太郎の「憂愁の森」をめぐって--初期習作と「愛憐詩篇」を結ぶもの
文芸研究, 日本文芸研究会, 118:49-58, 1988
渡辺 和靖
近代詩史試論--朔太郎の詩を理解する前提として
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 37:77-90, 1988
渡辺 和靖
平林初之輔と「転向」--マルクス理解をめぐって
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 36:129-137, 1987
渡辺 和靖
明治期「漢学」の課題
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 35:101-114, 1986
渡辺 和靖
平林初之輔とその時代-4-関東大震災前後
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 34:99-115, 1985
渡辺 和靖
平林初之輔とその時代-3-プロレタリア文学論への道
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 33:117-132, 1984
渡辺和靖
北村透谷素描-日本近代とキリスト教
日本プロテスタント史の諸問題, 雄山閣, 1983
渡辺 和靖
平林初之輔とその時代-2-大正9年
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 32:97-112, 1983
渡辺 和靖
萩原朔太郎と江戸川乱歩
文芸研究, 日本文芸研究会, 101:36-46, 1982
渡辺 和靖
平林初之輔とその時代-1-大正7年8年
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 31:111-126, 1982
渡辺 和靖
平林初之輔と「転向」--池田浩士氏の所論にふれて (故山田英世先生追悼号)
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 30:40192, 1982
渡辺 和靖
元良勇次郎における自然と人間--明治における科学的精神の軌跡
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 30:139-155, 1981
渡辺 和靖
田辺元における弁証法の展開-2-大正から昭和への思想史
愛知教育大学研究報告. 人文科学, 愛知教育大学, 29:97-112, 1980
渡辺 和靖
田辺元における弁証法の展開--大正から昭和への思想史-1-
愛知教育大学研究報告. 人文科学・社会科学, 愛知教育大学, 28:107-120, 1979
渡辺 和靖
初期田辺哲学の形成--大正思想史のこころみ
愛知教育大学研究報告. 人文科学・社会科学, 愛知教育大学, 27:135-148, 1978
渡辺 和靖
キリスト教と儒教との関連--明治時代を中心として (キリスト教と神・儒・仏の衝突と融和<特集>)
季刊日本思想史, ぺりかん社, 6:111-128, 1978
渡辺 和靖
明治思想史の方法と課題--儒教的伝統と近代認識論
愛知教育大学研究報告. 人文科学・社会科学, 愛知教育大学, 26:133-147, 1977
渡辺 和靖
桑木厳翼の思想形成--明治後期の思想的課題
愛知教育大学研究報告. 人文科学・社会科学, 愛知教育大学, 25:95-108, 1976
渡辺 和靖
明治中期の思想的課題-2-井上哲次郎と大西祝
日本文化研究所研究報告, 東北大学文学部附属日本文化研究施設, 11:71-93, 1975
渡辺 和靖
美学者としての高山樗牛
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 23:13-25, 1975
渡辺 和靖
明治中期の思想的課題--井上哲次郎と大西祝-1-
日本文化研究所研究報告, 東北大学文学部附属日本文化研究施設, 10:95-112, 1974
渡辺 和靖
西周に於ける儒教と洋学--明治啓蒙思想の構造分析
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, 22:13-25, 1974
渡辺 和靖
加藤弘之の後期思想--近代日本に於ける「儒教」の運命
日本思想史研究, 東北大学大学院文学研究科日本思想史学研究室, 6:40197, 1972
渡辺 和靖
明治思想史上の「浪漫主義」--明治20年代の高山樗牛
文芸研究, 日本文芸研究会, 71:21-32, 1972
渡辺 和靖
横井小楠と元田永孚--幕末「実学」の構造
歴史の研究, 山形歴史学会, 14:61-72, 1972
渡辺 和靖
加藤弘之の所謂「転向」--その思想史的位置付け
日本思想史研究, 東北大学大学院文学研究科日本思想史学研究室, 5:18-31, 1971
渡辺 和靖
加藤弘之の初期思想--西洋的政治原理と儒教
日本思想史研究, 東北大学大学院文学研究科日本思想史学研究室, 4:59-72, 1970