English 

島田 知彦 (シマダ トモヒコ)

プロフィール

所属
自然科学系 理科教育講座
職名
准教授
電話番号
0566-26-2364
FAX番号
0566-26-2364
メールアドレス
tshimadaauecc.aichi-edu.ac.jp
学歴
2008 , 京都大学 , 博士後期 , 人間・環境学研究科 , 相関環境学専攻
2005 , 京都大学 , 修士 , 人間・環境学研究科 , 相関環境学専攻
2003 , 京都大学 , 理学部 , 卒業
取得学位
京都大学博士(人間・環境学) , 京都大学
京都大学修士(人間・環境学) , 京都大学
京都大学学士(理学) , 京都大学
研究職歴
2016- , 愛知教育大学教育学部理科教育講座准教授
2014-2016 , 愛知教育大学教育学部理科教育講座講師
2011-2014 , 愛知教育大学教育学部理科教育講座助教
研究職歴以外の職歴
2009-2009 , 大阪産業大学大学院工学研究科非常勤講師
2008-2011 , 京都学園大学バイオ環境学部実験実習指導助手
2005-2008 , 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2003-2004 , 京都大学総合人間学部ティーチングアシスタント
受賞学術賞
2011 , 笹川科学研究奨励賞
所属学会
日本生態学会
日本動物分類学会
日本進化学会
日本動物学会
日本爬虫両棲類学会
所属学会役職担当
2015- , 日本爬虫両棲類学会 , 和文誌編集幹事補佐
2012-2015 , 日本動物分類学会 , 和文誌編集委員

研究活動

研究分野
生物多様性・分類
生態・環境
キーワード:両生類 , 幼生 , ボルネオ島 , 系統推定 , 隠蔽種 , 愛知県
現在の研究課題
愛知県の両生・爬虫類相に関する研究
キーワード:愛知県 , 両生類 , 爬虫類 , 種多様性 , 遺伝的多様性 , 2011-
農事暦が水田棲両生類の多様性に与える影響に関する研究
キーワード:農事暦 , 湛水時期 , 中干し , 圃場整備 , 越冬 , 2009-
ボルネオハヤセガエル属に関する系統分類学的研究
キーワード:ボルネオ島 , 系統推定 , 幼生 , 隠蔽種 , アカガエル科 , 2003-
著書
島田知彦・常木静河・上野裕則・加藤淳太郎・渡邊幹男・澤正実・島田京子
愛知教育大学ブックレットFD⑦ 理科研究(生物分野)
愛知教育大学出版会(刈谷市), 2018-03
島田知彦・常木静河・上野裕則・加藤淳太郎
愛知教育大学ブックレットFD⑧生物学実験
愛知教育大学出版会(刈谷市), 2018-03
島田知彦
愛知教育大学ブックレット 自然科学への招待⑥ ボルネオ島の両生類 ―その多様性を探る―
愛知教育大学自然科学系(刈谷市), 2014
島田知彦・芹沢俊介
たんぼのカエル
愛知みどりの会(刈谷市), 2013
論文
島田知彦
明治用水暗渠内で確認された動物相 ―特にツチガエルについて―
三河生物, (11):59-61, 2019-03
Shimada, T. and M. Matsui
Re-examination of larval assignment of Meristogenys poecilus in Sarawak, Borneo, with a diagnostic table of Meristogenys larvae
Current Herpetology , 38(1):23-31, 2019-02
Noha, K. S. Toyoda, T. Takai, and T. Shimada
Why are larval Fejervarya kawamurai scarce in the paddies where larvae of other frogs are abundant? Experimental insight
Current Herpetology, 37(1):30-39, 2018-02
島田知彦
高木層におけるヒガシニホントカゲの観察事例
爬虫両棲類学会報, 2017(2):187-188, 2017-11
浅香智也・寺本匡寛・島田知彦
アンケート調査に基づく名古屋市内のアズマヒキガエルの分布変遷
爬虫両棲類学会報, 2017(2):164-171, 2017-11
Matsui, M., Misawa, Y., Nishikawa, K., and Shimada, T
A new species of lentic breeding salamander (Amphibia, Caudata) from central Japan
Current Herpetology, 36(2):116-126, 2017-08
Noha, K. and T. Shimada
Evaluation of factors affecting the larval density of Fejervarya kawamurai in Japanese paddy fields, especially focusing on the existence of other anuran larvae
Current Herpetology, 36(2):87-97, 2017-08
島田知彦
愛知教育大学に収蔵されていた明治年間のアカハライモリの標本 ―特に渥美種族と推定される個体について
豊橋市自然史博物館研報, (27):1-8, 2017-03
島田知彦・饒波希衛・山田哲也・山田啓太
愛知県産ヒダサンショウウオによる幼生越冬の一例
三河生物, (9):29-31, 2017-03
大竹勝・島田知彦
両生類
豊田市生物調査報告書, :187-209, 2016
Matsui, M., N. Kuraishi, K. Eto, A. Hamidy, K. Nishikawa, T. Shimada, P. Yambun, C. S. Vairappan, M. Y. B. Hossman
Unusually high genetic diversity in the Bornean Limnonectes kuhlii-like fanged frogs (Anura: Dicroglossidae)
Molecular Phylogenetics and Evolution, 102:305-319, 2016-09
島田知彦
知多半島におけるアカハライモリ渥美種族の捕食例
三河生物, (8):45-46, 2016-03
Shimada, T, S. Maeda, and M. Sakakibara
A morphological study of Cynops pyrrhogaster from the Chita Peninsula: rediscovery of the “extinct” Atsumi race endemic to peninsular regions of Aichi Prefecture, central Japan
Current Herpetology, 35(1):38-52, 2016-02
電子ジャーナル
Shimada, T., M. Matsui, K. Nishikawa, and K. Eto
A new species of Meristogenys (Anura: Ranidae) from Sarawak, Borneo
Zoological Science, 32(5):474-484, 2015-10
島田知彦
カスミサンショウウオ卵嚢中でのニホンアカガエル幼生の死亡事例
三河生物, (7):45-46, 2015-03
島田知彦・田上正隆・楠田哲士・藤谷武史・高木雅紀・河合敏雅・堀江真子・堀江俊介・波多野 順・廣瀬直人・池谷幸樹・国崎 亮・須田暁世・坂部あい
濃尾平野に生息する水田棲カエル類の分布状況
豊橋市自然史博物館研報, (25):1-11, 2015-03
Shimada T.
A comparison of iris color pattern between Glandirana susurra and G. rugosa (Amphibia, Anura, Ranidae)
Current Herpetology , 34(1):80-84, 2015-02
Tagami, M., C. Horie, T. Kawai, A. Sakabe, and T. Shimada
The mating behavior of Cynops pyrrhogaster from Gifu and Aichi Prefectures, central Japan, in captivity
Current Herpetology , 34(1):12-18, 2015-02
島田知彦・坂部あい
知多半島におけるツチガエルの生息地の一例
豊橋市自然史博物館研報, 24:33-35, 2014
島田知彦・坂部あい
西三河平野部の水田におけるツチガエルの分布
豊橋市自然史博物館研報, 24:7-15, 2014
Matsui, M., T. Shimada, and A. Sudin
First record of the tree-frog genus Chiromantis from Borneo with the description of a new species (Amphibia: Rhacophoridae)
Zoological Science, 31(1):45-51, 2014
電子ジャーナル
島田知彦・亀山剛
伊良湖岬で確認されたホソウメマツオオアリ
豊橋市自然史博物館研報, 23:25-26, 2013
Matsui, M., T. Shimada, and A. Sudin
A new gliding frog of the genus Rhacophorus from Borneo
Current Herpetology, 32(2):112-124, 2013
電子ジャーナル
島田知彦・今村彰生・大西信弘
水田棲カエル類5種の幼生フェノロジー
爬虫両棲類学会報, 2013(2):77-85, 2013
Mochida, K., T. Shimada, and S. Tsuneki
Takydromus smagradinus (Green Grass Lizard): overwinter shelter
Herpetological Review, 44:515, 2013
Nishikawa, K., M. Matsui, H.-S. Yong, N. Ahmad, P. Yambun, D. M. Belabut, A. Sudin, A. Hamidy, O. L. Nikolai, H. Ota, N. Yoshikawa, A. Tominaga, T. Shimada
Molecular phylogeny and biogeography of caecilians from Southeast Asia (Amphibia, Gymnophiona, Ichthyophiidae), with special reference to high cryptic species diversity in Sundaland
Molecular Phylogenetics and Evolution, 2012
T. Shimada, M. Matsui, P. Yambun, and A. Sudin
A taxonomic study of Whitehead’s torrent frog, Meristogenys whiteheadi, with description of two new species (Amphibia: Ranidae)
Zoological Journal of the Linnean Society, 161(1):157-183, 2011
電子ジャーナル
Hamidy, A., M. Matsui, T. Shimada, K. Nishikawa, P. Yambun, A. Sudin, M. Kusrini, H. Kumiati
Morphological and genetic discordance in two species of Bornean Leptobrachium (Amphibia, Anura, Megophryidae)
Molecular Phylogenetics and Evolution, 61:904-913, 2011
T. Shimada, M. Matsui, P. Yambun, and A. Sudin
A survey of morphological variation in adult Meristogenys amoropalamus (Amphibia, Anura, Ranidae), with a description of a new cryptic species
Zoological Journal of the Linnean Society, 161:157-183, 2011
電子ジャーナル
M. Matsui, T. Shimada, and A. Sudin
A new species of Meristogenys (Amphibia,Anura, Ranidae) from Sabah, Borneo
Zoological Science, 27(1):61-66, 2010
電子ジャーナル
M. Matsui, A. Hamidy, R. W. Murphy, W. Khonsue, P. Yambun, T. Shimada, N. Ahmad, D. M. Belabut, and J.-P. Jiang
Phylogenetic relationships of megophryid frogs of the genus Leptobrachium (Amphibia, Anura) as revealed by mtDNA gene sequence
Molecular Phylogenetics and Evolution, 56(1):259-272, 2010
電子ジャーナル
島田知彦・戸苅淳
シマヘビによるカメの卵の捕食例
爬虫両棲類学会報, 2008(2):94-95, 2008
T. Shimada, M. Matsui, P. Yambun, M. Lakim, and M. Mohamed
Detection of two cryptic taxa in Meristogenys amoropalamus (Amphibia, Ranidae) through nuclear and mitochondrial DNA analyses
Zootaxa, 1843:24-34, 2008
M. Matsui, M. Mohamed, T. Shimada, and A. Sudin
Resurrection of Staurois parvus from S. tuberilinguis from Borneo (Amphibia, Ranidae)
Zoological Science, 24(1):101-106, 2007
電子ジャーナル
T. Shimada, M. Matsui, A. Sudin, and M. Maryati
Identity of larval Meristogenys from a single stream in Sabah, Malaysia (Amphibia: Ranidae)
Zoological Journal of the Linnean Society, 151(1):173-189, 2007
電子ジャーナル
T. Shimada, M. Matsui, and M. Maryati
Ontogenetic changes in some larval characters of a species tentatively identified to Meristogenys amoropalamus (Anura, Ranidae)
Current Herpetology, 26(2):59-63, 2007
電子ジャーナル
M. Matsui, T. Shimada, W.Z. Liu, M. Maryati, W. Khonsue, and N. Orlov
Phylogenetic relationships of Oriental torrent frogs in the genus Amolops and its allies (Amphibia, Anura, Ranidae)
Molecular Phylogenetics and Evolution, 38(3):659-666, 2006
電子ジャーナル
M. Matsui, H. Ito, T. Shimada, H. Ota, S.K. Saidapur, W. Khonsue, T. Tanaka-Ueno, and G.F. Wu. 2005
Taxonomic relationships within the Pan-Oriental narrow-mouth toad Microhyla ornata as revealed by mtDNA analysis (Amphibia, Anura, Microhylidae)
Zoological Science, 22(4):489-495, 2005
電子ジャーナル
M. Matsui, T. Shimada, H. Ota, and T. Tanaka-Ueno
Multiple invasions of the Ryukyu Archipelago by Oriental frogs of the subgenus Odorrana with phylogenetic reassessment of the related subgenera of the genus Rana
Molecular Phylogenetics and Evolution, 37(3):733-742, 2005
電子ジャーナル
島田知彦
ガラスヒバァのナミエガエル捕食例
爬虫両棲類学会報, 2003(2):76-77, 2003
島田知彦
アカマダラとサキシママダラにおける死体食の例
爬虫両棲類学会報, 2002(1):7-10, 2002
学会発表
島田知彦・松井正文・アミール=ハミディ
インドネシア・ボゴール動物学博物館所蔵のボルネオハヤセガエル属標本について —マレーシア領産との種組成比較
第57回日本爬虫両棲類学会大会, 2018-11
麻布大学.2018年11月24-25日
三田真紀・島田知彦
岐阜県産タゴガエル類の染色体数及び繁殖音について
第57回日本爬虫両棲類学会大会, 2018-11
麻布大学.2018年11月24-25日
上野裕則・加藤淳太郎・島田知彦・常木静河・大鹿聖公
教員養成系新入学生を対象とした生物学研究の意識付け―初年次演習を通して―
日本生物教育学会第102回全国大会, 日本生物教育学会, 2018-01
熊本大学.2019年1月6-7日
島田知彦・松井正文・西川完途・アミール=ハミディ・ミスバフル=ムニル
インドネシア南カリマンタン州メラトゥス山系で採集されたボルネオハヤセガエル属について
第56回日本爬虫両棲類学会大会, 2017-11
熊本大学.2017年11月25-26日
饒波希衛・島田知彦
なぜヌマガエル幼生は他種幼生が多い水田で少ないのか?―飼育実験による検証―
第56回日本爬虫両棲類学会大会, 2017-11
熊本大学.2017年11月25-26日
小鳥翔平・饒波希衛・島田知彦
水田の給水マスはツチガエルの越冬環境として有用か?
第56回日本爬虫両棲類学会大会, 2017-11
熊本大学.2017年11月25-26日
森田早紀・日高那菜・島田知彦
愛知県産カエル類幼生13種の口器形態の比較(予報)
第56回日本爬虫両棲類学会大会, 2017-11
熊本大学.2017年11月25-26日
宮崎智輝・榊原正己・島田知彦
アカハライモリにおける交配行動の地理的差異に関する再検討
第55回日本爬虫両生類学会大会, 2016-11
琉球大学 2016年11月26-27日
島田知彦・松井正文・西川完途・チャールズ=サンタナラジュ=バイラパン・ポール=ヤンブン・モハメド=ヤジ=ビン=ホスマン
ボルネオ島の固有種キナバルハヤセガエルMeristogenys kinabaluensis にみられる1隠蔽種について.
第55回日本爬虫両生類学会大会, 2016-11
琉球大学 2016年11月26-27日
饒波希衛・島田知彦
水田中のヌマガエル幼生密度は先に産卵を始める他種の影響を受けるか?
第55回日本爬虫両生類学会大会, 2016-11
琉球大学 2016年11月26-27日
近藤洋一朗・清田佳奈・島田知彦
里山のカエルはいつ鳴くか?―自動録音装置による4種の比較―
第55回日本爬虫両生類学会大会, 2016-11
琉球大学 2016年11月26-27日
島田知彦・山田哲也
愛知県産タゴガエル類の種帰属について
第54回日本爬虫両棲類学会, 2015
2015年12月5-6日
冨谷拓幹・近藤洋一朗・伊吹あゆみ・小池彩・清田佳奈・島田知彦
本土産アカガエル類の繁殖音の確認に適した時間帯の検討
第54回日本爬虫両棲類学会, 2015
東邦大学.2015年12月5-6日
清田佳奈・原田一利・近藤洋一朗・山上将史・今泉久祥・島田知彦
谷津田の管理手法が生物相と生息量に与える影響 ーカエル類を中心としてー
第5回琵琶湖地域の水田生物研究会, 2014
琵琶湖博物館
中島脩・服部睦・島田知彦
トノサマガエルとナゴヤダルマガエルの幼体時の識別形質の検討
第53回日本爬虫両棲類学会大会, 2014
神戸山手大学.2014年11月8-9日
島田知彦・坂部あい
ツチガエル越冬幼生の形態的特徴について
第53回日本爬虫両棲類学会大会, 2014-11
神戸山手大学.2014年11月8-9日
原田一利・近藤洋一朗・山上将史・清田佳奈・島田知彦
水田の管理方法がトノサマガエル幼生の発生に与える影響
第53回日本爬虫両棲類学会大会, 2014-11
神戸山手大学.2014年11月8-9日
坂部あい・小澤亜純・島田知彦
ツチガエルの幼生期の成長に関する温度特性
第53回日本爬虫両棲類学会大会, 2014-11
神戸山手大学.2014年11月8-9日
島田知彦・松井正文・西川完途・江頭幸士郎
ボルネオハヤセガエル属(Meristogenys: Ranidae: Anura)の1未記録種の報告
第50回日本動物分類学会大会, 2014-06
国立科学博物館.2014年6月14-15日
西村泰典・原田一利・山上将史・近藤洋一朗・島田知彦
谷津田圃場における生態系配慮型管理とトノサマガエルのフェノロジー
第4回水田生物研究会, 2013-12-22
琵琶湖博物館
島田知彦
海外に未知の両生類の多様性を探る
第15回両生類自然史フォーラム, 2013-12-01
岐阜大学
島田知彦・前田翔太・松井正文・富永篤
知多半島産のアカハライモリについて
第52回日本爬虫両棲類学会大会, 2013-11
東海大学札幌校舎.2013年11月2-3日
豊田昇平・島田知彦
田んぼのカエルはいつ鳴くか ―自動録音装置を用いた終夜観察から―
第52回日本爬虫両棲類学会大会, 2013-11
東海大学札幌校舎.2013年11月2-3日
原田一利・近藤洋一朗・山上将史・西村泰典・島田知彦
谷津田圃場における生態系配慮型管理とトノサマガエルのフェノロジー
第52回日本爬虫両棲類学会大会, 2013-11
東海大学札幌校舎.2013年11月2-3日
島田知彦・青木友紀・加藤淳太郎
ツチガエルのゲノムサイズに見られる地理的変異
第51回日本爬虫両棲類学会大会, 2012-11
愛知学泉大学
島田知彦・加藤淳太郎
フローサイトメトリーによる水田棲カエル類の種判別の試み
第50回日本爬虫類両棲類学会大会, 2011
島田知彦・今村彰生・大西信弘
水田棲両生類の越冬場所探索の試み
第57回日本生態学会, 2010
島田知彦・今村彰生
水田に生息するオタマジャクシのフェノロジーについて
第7回大学間里山交流会, 2010
島田知彦・大西信弘・今村彰生
水田に生息する5種のカエルの幼生フェノロジー
第49回日本爬虫両棲類学会大会, 2010
島田知彦・今村彰生・大西信弘
カエルの種数が多い田と少ない田の間にあるもの ――京都府亀岡市の例
第48回日本爬虫両棲類学会大会, 2009
島田知彦・松井正文・ポール=ヤンブン
マレーシア・キナバル山の高標高域におけるウデナガガエル属2種の分布について
第47回日本爬虫両棲類学会大会, 2008
島田知彦・松井正文・マリアティ=モハメド・マクラリン=ラキム・ポール=ヤンブン
ボルネオハヤセガエル属の1種Meristogenys amoropalamusの隠蔽種解明に際しての核DNAとmtDNAの挙動の違い
第43回日本動物分類学会, 2007
島田知彦・松井正文・ポール=ヤンブン・マクラリン=ラキム・モハメッド=マリアティ
ボルネオ島の固有種ホワイトヘッドハヤセガエルMeristogenys whiteheadiにみられる隠蔽種について
第46回日本爬虫両棲類学会大会, 2007
島田知彦・松井正文・モハメド=マリアティ・マクラリン=ラキム・ポール=ヤンブン
ボルネオハヤセガエル属の1種Meristogenys amoropalamusにみられる遺伝的・形態的多型
日本進化学会2006年大会, 2006
島田知彦・松井正文
イシカワガエルとハナサキガエル種群の属・亜属名に関して
第45回日本爬虫両棲類学会大会, 2006
T. Shimada, M. Matsui and M. Maryati
Taxonomy of Meristogenys from a stream in Borneo
The fifth World Congress of Herpetology, 2005
島田知彦・松井正文・Mohamed, Maryati
ボルネオハヤセガエル属幼生形態形質の分類学的有用性の検討
第76回日本動物学会, 2005
島田知彦・松井正文・モハメド=マリアティ・マクラリン=ラキム・ポール=ヤンブン
マレーシア・サバ州産ボルネオハヤセガエル属の1隠蔽種について
第44回日本爬虫両棲類学会大会, 2005
島田知彦・松井正文・Mohamed, Maryati
ボルネオ島の1河川にみられるボルネオハヤセガエル属の分類
第75回日本動物学会, 2004
島田知彦・松井正文・モハメド=マリアティ
DNA解析を利用したボルネオハヤセガエル数種の成体-幼生間の正しい対応づけ
第43回日本爬虫両棲類学会大会, 2004
島田知彦・松井正文・モハメド=マリアティ
ボルネオ産ハヤセガエル類Meristogenysの系統関係
第42回日本爬虫両棲類学会大会, 2003
島田知彦
島嶼におけるニホンアマガエルの大型化
第41回日本爬虫両棲類学会大会, 2002
その他執筆物等
島田知彦
安城の田んぼに生きるカエルたち
わたしたちの梨の里, 安城市立梨の里小学校(編), :9-11, 2018-03
島田知彦・常木静河
季節と生物
岩山勉(編)小学校で理科を教えるための理科ミニマム ~小学校教員を目指す学生と理科の苦手な現職教員のために~, 愛知教育大学出版会(刈谷市), :49-52, 2018-03
常木静河・島田知彦
生物と環境
岩山勉(編)小学校で理科を教えるための理科ミニマム ~小学校教員を目指す学生と理科の苦手な現職教員のために~, 愛知教育大学出版会(刈谷市), :119-122, 2018-03
島田知彦
水とともに生きる両生類
新修豊田市史自然編, 豊田市, :p. 524-545, 2017
島田知彦
知られざる爬虫類の世界
新修豊田市史自然編, 豊田市, :p. 546-561, 2017
島田知彦(監)
トヨタ自動車新研究開発施設 生き物ノートシリーズ 谷津田のカエルたち ~里山のカエル天国~
株式会社テクノ中部・トヨタ自動車株式会社プラント・環境生技部, :1-25, 2016
島田知彦
書評: スター生物学(原著第4版)
タクサ, 37:50-51, 2014
島田知彦
淡水生物のゆりかご田んぼ ナゴヤダルマガエルの危機
楠田哲士(編)岐阜の淡水生物保全BOOK ぎふの淡水生物をまもる, 岐阜大学, :29-30, 2014
島田知彦
「田んぼのカエル」にみる環境変化
愛知教育大学保健環境センター編:環境報告書2014, 愛知教育大学, :22, 2014
島田知彦
ホルマリン浸漬標本からのDNA抽出
川北篤・奥山雄大(編) 種間関係の生物学 共生・寄生・捕食の新しい姿, 文一総合出版, :312-316, 2012
科学研究費補助金(研究代表者)
2016 - 2018 , 急流に特化したカエルの1系統に生じた顕著な種分化現象に関する生物地理学的研究 , 若手研究(B)
2012 - 2014 , ツチガエルのゲノムサイズに見られる種内多型の進化史に関する研究 , 若手研究B
2005 - 2007 , ボルネオ島河川急流域にみられるボルネオハヤセガエル属の種分化について , 特別研究員奨励費
科学研究費補助金(研究分担者)
2018 - 2018 , 複数アプローチで挑むイモリ集団間の交雑帯を介した遺伝子浸透の要因と影響の総合解析(研究代表者:富永篤) , 基盤研究(C)
2016 - 2018 , 熱帯降雨林における流水性両生類の多様性維持機構の解明(研究代表者:夏原 由博) , 基盤研究(B)
学長裁量経費・重点教育経費等
2019 - 2019 , ニワトリ脳下垂体を用いた両生類の簡易な排卵誘発法の確立 , 教職実践力向上重点研究費
2017 - 2017 , 本学「理科研究」及び「生物学実験」の授業用テキストの作製・出版 , 大学教育研究重点配分経費
2014 - 2014 , 理系学生実習の現代化に伴う実習用設備・備品の拡充 , 大学教育研究重点配分経費
2011 - 2011 , 凍結切片作成システム (油面滑走式ミクロトーム+エレクトロフリーズ) , 学長裁量経費(教育基盤設備充実経費)
受託研究
2013 - 2014 , カエル類の生態及び成長に関する研究 , 株式会社テクノ中部受託研究

教育活動

授業等
2019 , 前期 , 初年次演習
2019 , 前期 , 生物学Ⅰ
2019 , 前期 , 理科研究AⅠ
2019 , 前期 , 生物学実験
2019 , 前期 , 野外生物実習
2019 , 前期 , 理数探究Ⅰ
2019 , 前期 , 生物学Ⅱ
2019 , 前期 , 生物学ゼミナールⅠ
2019 , 前期 , 生物教育教材演習A
2019 , 前期 , 動物自然史演習Ⅰ
2019 , 後期 , 生物学基礎演習C
2019 , 後期 , アドバンストサイエンスB
2019 , 後期 , 生物学特論B
2019 , 後期 , 理数探究Ⅱ
2019 , 後期 , 生物学ゼミナールⅡ
2019 , 後期 , 生物教育教材演習B
2019 , 後期 , 動物自然史特論

社会活動

出前講座・市民開放授業
2019 , 「カエルと育む生きる力」基調講演
2018 , 「江原道との生物多様性保全に係る学生交流」 受入研究者・基調講演
2018 , 西三河生態系ネットワーク形成フォーラム 基調講演「カエルの目で見た西三河」
2018 , 日本初等理科教育研究会三河支部講演会 (講演)
2017 , 講演「ケロトーク~カエルはなぜゲロゲロ鳴くの?」
2017 , 愛知県自然観察指導員連絡協議会主催 自然環境サポーター養成講座
2016 , 「学問ガイダンス」
2015 , なごや生物多様性保全活動協議会・水辺の生きもの部会スキルアップ講座
2015 , 名古屋自然観察会総会 講演
2014 , 第11回生物多様性カフェ
2012 , 知立市知を立てる講座
学外審議会・委員会
2017- , 豊田市配慮種選定委員会
2016- , 豊田市環境審議会 , 副委員長
2015 , 豊田市生物調査報告書作成委員会 , 委員(両生類担当)
2015- , 岐阜国道自然共生アドバイザー会議 , 委員(爬虫両生類担当)
2015- , 日進市まちづくり評価委員会 , 委員
2013-2016 , 知立市環境審議会
2013- , 愛知県絶滅寸前種等調査検討会 , 委員(爬虫両生類担当)
本学以外の公的機関を通した活動
2015- , 希少野生動植物保存推進員 , 環境省
その他社会活動
2017 , 碧南海浜水族館「ヘビ・カエルが好きになる7つの話 展」監修
2016-2017 , 愛知教育大学 夏休み自由研究相談会
2015- , 西尾市史 , 執筆員
2015-2016 , 豊田市生物調査報告書作成委員
2014- , 豊田市史 , 執筆員
2014-2016 , 科学・ものづくりフェスタ@愛教大 , ブース出展