English 

安武 知子 (ヤスタケ トモコ)

プロフィール

所属
教育学研究科 人文社会科学系
職名
名誉教授
メールアドレス
tyasutakyahoo.co.jp
学歴
1972 , 東北大学 , 修士 , 文学研究科 , 英文学・英語学・言語学 , 修了
1970 , 東北大学 , 文学部 , 英文学 , 卒業
取得学位
文学修士 , 東北大学(日本)
研究職歴
2011- , 名誉教授
1993-2011 , 愛知教育大学教授(教育学部)
1980-1993 , 愛知教育大学助教授(教育学部)
1979-1980 , 愛知教育大学講師(教育学部)
1974-1979 , 愛知教育大学助手(教育学部)
1972-1974 , 東北大学助手(文学部附属日本文化研究施設)
所属学会
日本英文学会
日本英語学会
日本言語学会
アメリカ言語学会
日本語用論学会

研究活動

研究分野
言語学
英語学
キーワード:文法 , 言語能力 , 統語範疇 , 意味解釈 , 情報構造 , 談話構造 , 直示体系 , 協調の原理 , 他動性 , 数表示
現在の研究課題
談話と文法のインターフェース
キーワード:談話,文法,語用論
文法項目の多機能性
キーワード:文法項目,機能,意味論,語用論
著書
コミュニケーションの英語学:話し手と聞き手の談話の世界
開拓社, 2009-10
言語現象とことばのメカニズム:日英語対照研究への機能論的アプローチ
開拓社, 2007-06
論文
Explicit vs. Zero Postpositional Particles in Modern Colloquial Japanese
研究報告(人文・社会科学), 愛知教育大学, (61):81-91, 2012-03
リポジトリ
発話意図と文末形式のインターフェース ―現代日本語における話し方スタイルの交替現象―
研究報告(人文・社会科学), 愛知教育大学, (60):1-9, 2011-03
(川岸貴子氏と共同)
リポジトリ
名詞形の指示機能をめぐる日英対照談話語用論
安武知子他(編)ことばとコミュニケーションのフォーラム, 開拓社, :1-14, 2011-03
Communication and Style Shift in Japanese
研究報告(人文・社会科学), 愛知教育大学, (59):7 -14, 2010-03
リポジトリ
The Nature and Workings of Lexical Substitution in English Discourse
研究報告(人文・社会科学), 愛知教育大学, (58):15-23, 2009-03
リポジトリ
On Multi-Functionality of Determiners in Grammar and Discourse
研究報告(人文・社会科学), 愛知教育大学, (57):27-35, 2008-03
リポジトリ
Communication across Linguistic Boundaries: Variation and Universals in Language and Cognition
研究報告(人文・社会科学), 愛知教育大学, (53):23-34, 2004-03
リポジトリ
在外研究員等
1989-1990 , 文部省在外研究員(ハーバード大学)