English 

野々宮 徹 (ノノミヤ トオル)

プロフィール

所属
創造科学系
職名
名誉教授
学歴
1973 , 東京教育大学大学院 , 修士 , 体育学研究科 , 西洋体育史 , 修了
1969 , 東京教育大学 , 体育学部 , 体育学科 , 卒業
取得学位
体育学修士 , 東京教育大学
所属学会
国際体育・スポーツ史学会(International Society for the History of Physical Education and Sport)
スウェーデンオリンピック史学会(Sveriges Olympiahistorikers f(]E88D8[)rening
スウェーデンスポーツ史学会(Svenska idrottshistoriska f(]E88D8[)reningen)
日本スポーツ人類学会(Japan Society of Sport Anthropology)
日本レジャー・レクリエーション学会(Japan Society of Leisure and Recreation Studies)
所属学会役職担当
2006- , スポーツ史学会(The Japan Society of Sport History) , 理事
2000-2004 , スポーツ史学会(The Japan Society of Sport History) , 理事
1995-1997 , 日本体育学会スポ-ツ人類学専門分科会 , 世話人
1995-1996 , 日本体育学会(Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences) , 評議員,理事
1993-1996 , 日本体育学会体育史専門分科会 , 世話人
1992-1996 , スポーツ史学会(The Japan Society of Sport History) , 理事
1991-1999 , 日本体育学会(Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences) , 評議員
1989-1991 , スポーツ史学会(The Japan Society of Sport History) , 理事

研究活動

研究分野
スポーツ科学
キーワード:スポーツ史
現在の研究課題
北欧のスポーツ史
キーワード:スポーツ , イドウロット , 北欧神話 , 1976- , スポーツのあゆみを、広義のイニシエーションの個人、医療、国家モデルのなかに位置づけることが出きる
生涯スポーツの研究
キーワード:ニュースポーツ , レクリエーショナル・スポーツ , 環境容量 , 1973- , 高齢社会のスポーツは、これを支えるさまざまな要件とスポーツする身体とのバランスの上にある
著書
レクリエーション支援の基礎
日本レクリエーション協会, 2007
近代スポーツの超克「(共著)」
叢文社, 2001
ニュースポーツ用語事典
遊戯社, 2000
スポーツの政治学「(共著)」
杏林書院, 1999
雪と氷のスポーツ百科「(共著)」
大修館, 1997
図説スポーツの歴史「(共著)」
大修館, 1996
スポーツ技術・ルールの変化と社会(I)「(共著)」
創文企画, 1996
スポーツ史講義「(共著)」
大修館, 1995
外来スポーツの理解と普及「(共著)」
創文企画, 1995
生涯スポーツのプログラム「(共著)」
遊戯社, 1995
スポーツの伝幡・普及「(共著)」
創文企画, 1993
スポーツことわざ小辞典
遊戯社, 1992
最新スポーツ大事典「(共著)」
大修館, 1987
新版近代体育スポーツ年表「(共著)」
大修館, 1986
現代体育・スポーツ大系2「(共著)」
講談社, 1984
体育史講義「(共著)」
大修館, 1984
スウェーデン現代体育の底流「(共著)」
岸野雄三教授退官記念論集刊行会,「体育史の探求」, 1982
スポーツの文化論的探求「(共著)」
タイムス, 1981
体育スポーツ人物思想史「(共著)」
不昧堂, 1979
論文
義務教育の質の保証に資する学校評価システム構築事業
愛知県学校評価システム構築事業推進協議会 学校評価ガイドラインに基づく評価実践研究研究報告書, :1-2, 2007
子どものスポーツに大人が関わる環境づくり
みんなのスポーツ, 28(5):15-17, 2006
器械運動の教材解釈のあゆみ
体育科教育, 54(11):30-33, 2006
Q&A子どもの心・体・スポーツ
みんなのスポーツ, 第27巻9号18-19, 2005
障害者スポーツのこれまで・これからを考える
スポーツ史学会第19回大会抄録, 2005
幼児期の数や量にかかわる体験を考える~一つ一つの場面を丁寧に見つめて~(共著)
愛知教育大学附属幼稚園「研究紀要」, 第33集, 2004
人や環境にやさしいレクリエーションの時代
岡山県教育委員会「教育時報」, 第646号4-7, 2003
休刊した2つの障害者スポーツ誌
スポーツ史学会「ひすぽ」, No.56, 2003
幼児期の数や量にかかわる体験を考える(共著)
愛知教育大学附属幼稚園「研究紀要」, 第32集, 2003
出会いを生みかかわりをはぐくむ環境について考える(共著)
愛知教育大学附属幼稚園研究紀要, 第31集, 2002
ニュースポーツのあゆみ
みんなのスポーツ, 20(12):8-12, 1998
スポーツ・イベントの文化史
体育の科学, 46(5):365, 1996
オリンピックは変貌しているか
体育科教育, 44(1):30, 1996
スポーツの歴史-ニュースポーツ
学校体育, 49(3):68, 1996
国際競技大会にみるスポーツ文化の姿
文部時報, 61(1418):18, 1995
ヨーロッパ文化が日本のスポーツ文化に与えた影響
シルクロード・奈良国際シンポジウム記録集・シルクロードとスポーツ, 3:97-101, 1995
ニュースポーツとは何か
ニュースポーツ研究会, 1993
北欧におけるスポーツ観の変遷
体育科教育, 40(1):60-62, 1992
ノルマン・ケルトの打球戯について
体育の科学, 39(7), 1989
ヴァイキングのスポーツ
月刊百科, 307, 1988
スウェーデンの体育事情
体育科教育, 29(13):62-64, 1981
スウェーデンにおけるidrottの概念に関する研究
東海保健体育科学, 1(1), 1979
リングースウェーデン体育の父
体育科教育, 25(9), 1977
受託研究
1999 - 1999 , スポーツ用具史研究の現状と課題
1993 - 1993 , ニュースポーツとは何か