English 

宮村 悠介 (ミヤムラ ユウスケ)

プロフィール

所属
人文社会科学系 社会科教育講座
職名
講師
電話番号
0566-26-2254
メールアドレス
yske.miyamuragmail.com
学歴
2011 , 東京大学大学院 , 博士 , 人文社会系研究科 , 倫理学専攻 , 単位取得満期退学
2007 , 東京大学大学院 , 修士 , 人文社会系研究科 , 倫理学専攻 , 修了
2005 , 東京大学 , 文学部 , 思想文化学科 , 卒業
取得学位
学士(文学) , 東京大学
修士(文学) , 東京大学
博士(文学) , 東京大学
研究職歴
2018- , 愛知教育大学教育学部 講師
2015-2018 , 愛知教育大学教育学部 助教
2013-2015 , 東京大学上廣死生学・応用倫理講座 特任研究員
2013-2015 , 筑波大学人文・文化学群人文学類 非常勤講師
2013-2015 , 日本女子大学人間社会学部 非常勤講師
2012-2015 , 東京理科大学薬学部 非常勤講師
2011-2015 , 亜細亜大学・亜細亜大学短期大学部 非常勤講師
2009-2011 , 千葉県立保健医療大学 非常勤講師
2007-2010 , 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
受賞学術賞
2014 , 日本カント協会 濱田賞
所属学会
日本倫理学会
日本哲学会
日本カント協会
実存思想協会
日本医学哲学・倫理学会
中部哲学会

研究活動

研究分野
倫理学
キーワード:倫理学 , 近現代ドイツ哲学史 , 近現代日本倫理思想史
現在の研究課題
カント倫理学の研究

二十世紀ドイツ哲学史の研究

和辻倫理学の研究

著書
(共著)戦うことに意味はあるのか――倫理学的横断への試み――
弘前大学出版会, 2017
(共著)用語集倫理 新訂版
清水書院, 2014
(共著)生きることに責任はあるのか 現象学的倫理学への試み
弘前大学出版会, 2012
(共著)近代哲学の名著 デカルトからマルクスまでの24冊
中公新書, 2011
(共著)日本哲学小史 近代100年の20篇
中公新書, :314-321, 2009
(共著)現代哲学の名著 20世紀の20冊
中公新書, 2009
論文
教育と倫理――「人格の完成」をめぐって――
まてりあ(Materia Japan), 日本金属学会, 56(4):275-278, 2017-04
リポジトリ
カントの理念論の生成 ―― 『形式と原理』から『純粋理性批判』へ ――
愛知教育大学研究報告, 人文・社会科学編, 66:63-71, 2017-03
リポジトリ
個体であることの孤独について――人格の倫理学のために――
実存思想論集, 実存思想協会, (XXXI):135-151, 2016-06
カントの理念論の歴史的背景――近代哲学におけるイデア論受容の一断面――
愛知教育大学研究報告, 人文・社会科学編, 65:101-109, 2016-03
リポジトリ
M・シェーラーと「哲学的回心」の現象学――再生の倫理学のために
倫理学紀要, 東京大学大学院人文社会系研究科倫理学研究室, (22):125-142, 2015
M・シェーラーと「悔い改め」の現象学――再生の倫理学のために――
倫理学年報, 日本倫理学会, (63):143-157, 2014
哲学者の眼に映りはじめた日本人の死――M・シェーラーの比較死生学
死生学・応用倫理研究, 東京大学大学院人文社会系研究科, (19):8-31, 2014
リポジトリ
(博士学位論文)カント倫理学と理念の問題――学と智の統一点を求めて
東京大学, 2014
理想論の倫理学的射程――人格の倫理学のために
日本カント研究, 日本カント協会, (14):136-150, 2013
カント哲学における知恵の理念――体系と自己認識をめぐって
哲学, 日本哲学会, (63):281-296, 2012
リポジトリ
規範の根拠――カントと形而上学としての倫理学の問題――
理想, 理想社, :13-24, 2010
〈実践理性批判〉の理念の成立――学と常識のはざまで――
倫理学年報, 日本倫理学会, (58):157-171, 2009
主題としての実践理性――「批判的解明」の倫理学
倫理学紀要, 東京大学大学院人文社会系研究科倫理学研究室, (16):51-70, 2009
翻訳
ゲルハルト・クリューガー著 カントの批判における哲学と道徳(四)
世界の視点――知のトポス, 新潟大学大学院現代社会文化研究科, 13:51-98
リポジトリ
ゲルハルト・クリューガー著 カントの批判における哲学と道徳(三)
世界の視点――知のトポス, 新潟大学大学院現代社会文化研究科 共同研究プロジェクト「世界の視点をめぐる思想史的研究」 新潟大学人文学部哲学・人間学研究会, 12:43-89, 2017
リポジトリ
ゲルハルト・クリューガー著 カントの批判における哲学と道徳(二)
世界の視点――知のトポス, 新潟大学大学院現代社会文化研究科 共同研究プロジェクト「世界の視点をめぐる思想史的研究」 新潟大学人文学部哲学・人間学研究会, 11:117-172, 2016
リポジトリ
ゲルハルト・クリューガー著 カントの批判における哲学と道徳(一)
世界の視点――知のトポス, 新潟大学大学院現代社会文化研究科「世界の視点をめぐる思想史的研究」プロジェクト 新潟大学人文学部哲学・人間学研究会, (10):143-202, 2015
リポジトリ
ハイナー・クレンメ著 カント『判断力批判』における(実践的)理性と自然
カント研究会編 現代カント研究11 判断力の問題圏, 晃洋書房, :45-67, 2009
その他執筆物等
(書評)熊野純彦『カント 美と倫理とのはざまで』
週刊読書人, 2017年4月14日号:4
リポジトリ
人格論の伝統と現代――人格の倫理学のために――
哲学と教育, 愛知教育大学哲学会, (63), 2016-03
リポジトリ
(解題)カントの批判における哲学と道徳(一)
世界の視点――知のトポス, 新潟大学大学院現代社会文化研究科「世界の視点をめぐる思想史的研究」プロジェクト 新潟大学人文学部哲学・人間学研究会, (10):203-213, 2015
リポジトリ
(書評)廣松渉『カントの「先験的演繹論」』
現代カント研究11 判断力の問題圏, カント研究会, 2009
(書評)坂部恵・佐藤康邦編『カント哲学のアクチュアリティー』
週刊読書人, (二七三三号):第四面, 2008
(項目執筆)「テクストからの展望」 I・カント『実践理性批判』/E・レヴィナス『全体性と無限』/和辻哲郎『倫理学』
岩波講座 哲学06 モラル/行為の哲学, 岩波書店, 2008

教育活動

授業等
2019 , 前期 , 初等社会科教育内容AⅠ
2019 , 前期 , 社会科研究AⅠ
2019 , 前期 , 哲学史基礎演習
2019 , 前期 , 倫理学原書講読A
2019 , 前期 , 宗教倫理学演習A
2019 , 後期 , 市民リテラシー
2019 , 後期 , 倫理思想史概説
2019 , 後期 , 倫理学の諸問題
2019 , 後期 , 倫理学演習B
2019 , 後期 , 倫理学原書講読B
2019 , 後期 , 宗教倫理学演習B
2019 , 後期 , 教職実践演習

社会活動

教員免許状講習
2016-08-10 , 倫理とは何か
その他社会活動
2013-2015 , 医療・介護従事者のための死生学コース運営 , 特任研究員