English 

嶺崎 寛子 (ミネサキ ヒロコ)

プロフィール

所属
人文社会科学系 社会科教育講座
職名
准教授
学歴
2008 , お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程
2002 , お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程
取得学位
博士(学術) , お茶の水女子大学
研究職歴
2014- , 愛知教育大学 准教授
2012-2014 , 愛知教育大学 講師
2008-2012 , 日本学術振興会特別研究員PD
2007-2008 , 日本学術振興会特別研究員DC2
研究職歴以外の職歴
2003-2004 , JICAエジプト事務所 在外専門調整員
留学歴
2003-2005 , カイロアメリカン大学 ジェンダー・女性研究センター 研究員
受賞学術賞
2015 , 第10回女性史学賞(受賞作『イスラーム復興とジェンダーー現代エジプト社会を生きる女性たち』)
所属学会
日本中東学会
日本宗教学会
日本文化人類学会

研究活動

研究分野
文化人類学、宗教学
中東地域研究
ジェンダー論
キーワード:イスラーム , ジェンダー , 法識字 , ファトワー , アフマディーヤ教団
現在の研究課題
女性によるイスラーム言説の創出・利用とそのインパクト

グローバル状況下のムスリム移民とネットワーク:アフマディーヤの事例研究

著書
『イスラーム復興とジェンダー―現代エジプト社会を生きる女性たち』
昭和堂, 2015
“Gender Strategy and Authority in Islamic Discourses: Female Preachers in Contemporary Egypt.”
Bano, Masooda and Kalmbach, Hilary (eds.), Women, Leadership and Mosques: Changes in Contemporary Islamic Authority, Leiden: Brill., :pp.393-412., 2011
「イスラーム法と女性:現代エジプトを事例として」
竹村和子・義江明子編『ジェンダー史叢書 第三巻 思想の力/文化の流通』、ジェンダー史叢書3, 明石書店, :pp.170-187, 2010
論文
嶺崎 寛子
川橋範子著, 『妻帯仏教の民族誌-ジェンダー宗教学からのアプローチ』, 京都, 人文書院, 2012年, 206頁, 2,400円(+税)
文化人類学, 日本文化人類学会, 79(1):70-73, 2014-06-30
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009830317
「東日本大震災支援にみる異文化交流・慈善・共生 : イスラーム系NGO ヒューマニティ・ファーストと被災者たち」
『宗教と社会貢献』, 3(1):27-51, 2013
嶺崎 寛子
ディアスポラの信仰者 : 在日アフマディーヤ・ムスリムにみるグローバル状況下のアイデンティティ(<特集>アイデンティティと帰属をめぐるアポリア-理論・継承・歴史)
文化人類学, 日本文化人類学会, 78(2):204-224, 2013-09-30
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009657425
“A Reading of Gender Issues in Muslim Societies for Non-Muslims Who Live in Developed Countries,”
GEMC Journal, Tohoku University, (4):pp.36-46, 2011
「生活の中のイスラーム言説とジェンダー―エジプト「イスラーム電話」にみるファトワーの社会的機能―」
『アジア・アフリカ言語文化研究』, 東京外国語大学AA研, (78):pp.5-41, 2010
「イスラーム言説に見るジェンダー戦略と権威―現代エジプトの女性説教師を事例にして―」
『ジェンダー研究』, お茶の水女子大学ジェンダー研究センター, (12):pp.77-91, 2009
“The Potential of ‘Islamic Values’ in Gender and Development Policy: A Case Study of Contemporary Egypt”
Beyond the Difference: Repositioning Gender and Development In Asian and the Pacific Context, Ochanomizu University 21st. Century COE Program, :pp.181-191, 2008
「イスラーム世界のジェンダーに関する研究―日本の現状と展望―」
『ジェンダー研究』, お茶の水女子大学ジェンダー研究センター, (10):pp.91-98, 2007
「多元的法秩序としてのシャリーアとファトワー―現代エジプトを事例として―」
『日本中東学会年報』, 日本中東学会, 18(1):pp.1-31., 2003
「現代エジプトのファトワーにみるジェンダー意識と法文化:婚姻と姦通を中心に」
『国立女性教育会館研究紀要』, 国立女性教育会館, (7):pp.69-81, 2003
その他執筆物等
「エジプト革命を読む―宗教の視点から」
『国際宗教研究所ニュースレター』, 国際宗教研究所, (70):pp.11-18, 2011
「ファトワー:イスラームと暮らす」
宗教情報センター HPコラム, 宗教情報センター, (1), 2010
「新しい信仰のかたち―現代エジプトの宗教状況」
『国際宗教研究所ニュースレター』, 国際宗教研究所, (51):pp.9-14, 2006
科学研究費補助金(研究代表者)
2014 - 2018 , グローバル状況下のムスリム移民とネットワーク:アフマディーヤの事例研究. , 若手研究B
2008 - 2011 , 特別研究員奨励費
2007 - 2008 , 特別研究員奨励費
科学研究費補助金(研究分担者)
2013 - 2014 , 地中海から西・南アジア地域の人々に関わる「名誉に基づく暴力」の文化人類学的研究 , 基盤研究B

教育活動

授業等
2019 , 前期 , 初年次演習
2019 , 前期 , 社会調査実習
2019 , 前期 , 比較社会研究Ⅰ
2019 , 前期 , 国際関係論
2019 , 前期 , 国際文化論文演習
2019 , 前期 , イスラム文化特論Ⅰ
2019 , 後期 , 市民リテラシー
2019 , 後期 , グローバル文化・社会論
2019 , 後期 , 宗教の諸問題
2019 , 後期 , 比較社会研究Ⅱ
2019 , 後期 , 宗教の諸問題
2019 , 後期 , 比較文化論
2019 , 後期 , 比較社会学演習Ⅱ
2019 , 後期 , イスラム文化特論Ⅱ