English 

藤江 充 (フジエ ミツル)

プロフィール

所属
創造科学系
職名
名誉教授
学歴
1974 , 東京藝術大学 , 修士 , 美術研究科 , 美学 , 修了
1970 , 愛知教育大学 , 教育学部 , 美術 , 卒業
取得学位
芸術学修士
教育学士
研究職歴
2011- , 愛知教育大学教育学部 特別教授
1992-2011 , 愛知教育大学教育学部 教授
1984-1992 , 愛知教育大学教育学部 助教授
1978-1984 , 三重大学教育学部 助教授
1976-1978 , 三重大学教育学部 助手
1974-1976 , 東京藝術大学美術学部 副手
所属学会
InSEA(国際美術教育学会)
美術科教育学会
美学会
大学美術教育学会
日本教育学会
所属学会役職担当
2010-2012 , 大学美術教育学会 , 理事長
2008-2010 , 美術科教育学会 , 代表理事 , 2010以降、理事

研究活動

研究分野
美学
美術教育
キーワード:比較芸術学 , 感性教育 , 日米比較 , 美術教育カリキュラム , 美術館教育 , 美術鑑賞教育
現在の研究課題
比較芸術学
キーワード:美術作品 , 美意識 , 自然観 , 感性
美術教育
キーワード:表現 , 鑑賞 , カリキュラム , 教科書
美術館教育
キーワード:アート・ゲーム , 美術批評 , 美術館教育
著書
ふじえ みつる
『子どもの絵の謎を解く』
明治図書, 2013
藤江充。佐藤洋照編著
図画工作科研究
日本文教出版, :18-30, 152-155, 2011
藤江充,岩崎由紀夫,水島尚喜編著
平成20年度告示新学習指導要領による「図画工作科」指導法
日本文教出版, 2009
藤江充,岩崎由紀夫,水島尚喜監修
形・色・イメージ+これからの図画工作 : 平成20年告示新学習指導要領解説
日本文教出版, 2009
安彦忠彦監修 ; 藤江充,三澤一実編著
小学校学習指導要領の解説と展開 : Q&Aと授業改善のポイント・展開例. 図画工作編
教育出版, 2008
藤江充,辻政博編著
小学校新学習指導要領ポイントと授業づくり. 平成20年版 図画工作
東洋館出版社, 2008
藤江充,愛知教育大学[著]
日米の比較を通した図画工作・美術科における「学力」の研究(文部省科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(C))
[藤江充], 2008-.3
Mitsuru Fujie(単)
On "Course of Study" for K-12 Schools in Japan-Especially for Art Education.
2007 InSEA Asian Congress, Proceedings., 2007 InSEA Asian Congress, Seoul, :552-554, 2007
山本正男,藤江充他
表現と鑑賞との関わり
感性の論理とその実践Ⅰ, 大学教育出版, :81-89, 2004
Mitsuru Fujie(単)
Three Learning Themes as Scope of Curriculum in Art Textbook.
2004 InSEA Asian Congress, Proceedings., 2004 InSEA Asian Congress, Beijing, :72-78, 2004
藤江,充,愛知教育大学
生涯学習社会において学校と美術館の連携を促進するための研究(文部省科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(C))
2000
藤江,充,愛知教育大学
DBAEの課題とその意義に関する研究(文部省科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(C))
1997
石川毅,藤江充他13名
生涯学習社会と美術批評
生涯学習社会と美術批評, 多賀出版, :357-391, 1996
藤江充,梅沢由紀子編著
表現
福村出版, 1993
山本正男,藤江充他7名
美術教育の歴史から体系から歴史へ
美術教育再生の論理を求めて, 北冬書房, :81-105, 1990
Mitsuru Fujie(単)
On the Relationships between Images and Mode of Communication.
XXXVI. INSEA-Weltcongress feur Aesthetische Erziehung in Hamburg 1987, Das Bild der Welt in der Welt der Bilder, :71-77, 1987
石川毅,藤江充他23名
美術教育と「美術すること」
美学・芸術学の現代的課題, 玉川大学出版, :333-345, 1986
川上実,藤江充他9名
美的教育と社会
美術教育学研究4〔第1章・第3節 〕, 玉川大学出版, :77-100, 1985
山本正男,藤江充他9名
美的人間学の成立
美術教育学研究1〔第3章・第2節 〕, 玉川大学出版, :200-223, 1984
藤江 充
東西の美の姿-モノとEsをめぐって
山本正男監修『芸術と民族』(芸術学研究双書), 玉川大学出版部, 1984
論文
ふじえ みつる
「コア芸術スタンダード」と美術教育―「芸術的プロセス」と「メディアアート」について
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 58:227-235, 2016-03
リポジトリ
ふじえ みつる
21世紀型スキルと芸術教育―特に美術教育の観点から
月刊『教育美術』, 教育美術振興会, 2015年7月号:30-33, 49-55, 2015-07
ふじえ みつる
パブリック・アートをめぐって―グラフィティとストリート・アートから考える
月刊『教育美術』, 教育美術振興会, 2014年3月号:52-55, 2014-03
ふじえ みつる
アメリカにおける美術教育アセスメントの事例研究
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 56:221-228, 2007
リポジトリ
ふじえ みつる
美術教育のための「能力」観の研究
美術教育学, 美術科教育学会, 28:335-346, 2007
ふじえ みつる(単)
全米美術教育評価の考え方と実際,そして今後の課題
大学美術教育学会誌, 大学美術教育学会, (37):367-374, 2005
ふじえ みつる
学校と美術館との連携から見えてくること (仲介の感性論 鑑賞教育再考--学校と美術館を取り結ぶもの)
美術フォーラム21, 美術フォーラム21刊行会, 11:115-118, 2005
ふじえ みつる
アメリカの16州の「美術教育基準」にみられるDBAEとの関連性について
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 53:147-155, 2004
リポジトリ
ふじえ みつる
全米美術教育基準の成立とその課題について
美術教育学, 美術科教育学会, 25:383-397, 2004
ふじえ みつる
アメリカの美術教科書の研究(1)『表現する美術(Art Express)』について
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 7:197-204, 2004
リポジトリ
ふじえ みつる
講演 美術教育を軸とした美術館と学校の連携に向けて (第52回学術研究大会・岡山大会報告)
美術教育, 日本美術教育学会学会誌編集委員会, 287:10-14, 2004
ふじえ みつる(単)
図工・美術科と学力
大学美術教育学会誌, 大学美術教育学会, (35):399-406, 2003
Mitsuru Fujie(単)
A Comparative Study of Artistic Play and Zoukei-Asobi.
Studies in Art Education, The University of Illinois Press, 37(4):107-114, 2003
ふじえ みつる
美術鑑賞教育の一つとしてのアート・ゲームについて
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 52:205-213, 2003
リポジトリ
藤江 充
美術教育のカリキュラムに関する研究--アメリカの美術教科書における「領域」の分析を通して
美術教育研究, 美術教育研究会, 9:68-84, 2003
ふじえ みつる
子どもの発達と美術教育
美育文化, 美育文化協会, 53(1):18-23, 2003
ふじえ みつる
『散華』制作ノート
愛知教育大学研究報告. 芸術・保健体育・家政・技術科学・創作編, 愛知教育大学, 51:61-64, 2002
ふじえ みつる(単)
アート・ゲームと美術鑑賞教育
アートエデュケーション, 建帛社, (30):5-14, 2000
ふじえ みつる
美術教育を軸とした美術館と学校との連携 (特集 美術館と学校)
現代の眼, 国立美術館東京国立近代美術館, 521:2-3, 2000
ふじえ みつる, 大塚 英之
子ども野外造形作品展の歴史と意義--豊橋「子ども造形パラダイス」を中心にして
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 3:167-174, 2000
ふじえ みつる(単)
「感性」と「表現」についての研究
アートエデュケーション, 建帛社, (29):3-12, 1999
ふじえ みつる
アート・ゲームについて(2)
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 48:153-161, 1999
リポジトリ
ふじえ みつる
学校と美術館とを結ぶ美術鑑賞教材の事例とその意義について
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 2:135-142, 1999
リポジトリ
ふじえ みつる
アート・ゲームについて(1)
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 47:143-151, 1998
リポジトリ
ふじえ みつる
美術教育のための画像データベースに関する提案
愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 1:55-61, 1998
リポジトリ
ふじえ みつる
美術教育を軸とした学校と美術館の連携について
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 46:155-163, 1997
リポジトリ
ふじえ みつる(単)
「教育的」美術批評の可能性と諸問題
大学美術教育学会誌, 大学美術教育学会, (28):75-84, 1996
ふじえ みつる(単)
美術教育の歴史を見る4つの視点
アートエデュケーション, 建帛社, (24):15-24, 1996
ふじえ みつる(単)
中学校の美術教育
アートエデュケーション, 建帛社, (24):28-33, 1996
ふじえ みつる
子どもが見つけたもの
美育文化, 美育文化協会, 44(10):14-19, 1994
ふじえ みつる(単)
DBAEは何処から来て、如何なるもので、何処へ行くのか?
アートエデュケーション, 建帛社, (18):4-13, 1993
ふじえ みつる(単)
方式をめぐる議論から
アートエデュケーション, 建帛社, (13):2-9, 1992
ふじえ みつる(単)
DBAE論争にみられる美術教育の諸問題
大学美術教育学会誌, 大学美術教育学会, (23):115-124, 1991
ふじえ みつる(単)
「感性」と美術教育
美術教育学, 美術科教育学会, (11):89-100, 1990
ふじえ みつる(単)
合科・総合学習と図画工作
アートエデュケーション, 建帛社, (5):17-26, 1990
ふじえ みつる
美術教育で何が教えられるか?--DBAE〔Discipline-Based Art Education〕論争にみる問題点
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 39:213-226, 1990
リポジトリ
ふじえ みつる(単)
美術教育のアポリオア
アートエデュケーション, 建帛社, (1):43-53, 1989
ふじえ みつる
美意識について--比較芸術学からの考察 (〔比較思想学会〕研究例会発表要旨(東海地区)) -- (第1回研究発表会(1.1.28))
比較思想研究, 比較思想学会, 16:218-221, 1989
ふじえ みつる(単)
「学問にもとづいた美術教育」をめぐる議論について
大学美術教育学会誌, 大学美術教育学会, (20):11-23, 1988
藤江 充
美術教育にディスプリンは存在するか?--80年代の美術教育を展望するための試論
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 36:201-213, 1987
藤江 充
ジェームズ・サリーの児童画論について
三重大学教育学部研究紀要. 教育科学, 三重大学教育学部, 34:23-38, 1983
藤江 充
「自由画教育」の研究-1-
三重大学教育学部研究紀要, 三重大学教育学部, 31(4):195-209, 1980
翻訳
ふじえ みつる監訳
美術と知能と感性
日本文教出版, 2011
科学研究費補助金(研究代表者)
2004 - 2007 , 日米の比較を通した図画工作・美術科における「学力」の研究 , 基盤C
2000 - 2002 , 生涯学習社会において学校と美術館の連携を促進するための研究 , 基盤C
1998 - 2000 , DBAEの課題とその意義に関する研究 , 基盤C

社会活動

教員免許状講習
2010- , 免許更新講習(必修)
公開講座
アート・ゲームの実践
美術鑑賞教育の方法
学外審議会・委員会
2008- , 財団法人・教育美術振興会 , 理事
2006-2008 , 中教審・初等中等教育分科会・教育課程部会・芸術専門部会 , 専門委員
2006-2007 , 学習指導要領改善協力者委員会 , 協力者
1995-2005 , 名古屋市美術館運営協議会 , 委員・委員長
本学以外の公的機関を通した活動
2008-2009 , 研修旅行の計画・引率 , 筑波教員研修センター , シニア・アドバイザー
2007-2009 , 小学校学習指導要領解説図画工作編作成 , 作成協力者
2006 , 諸外国等の教育課程 , 国立教育政策研究所 , アメリカ班研究協力者
2005 , 教科等の開発と構成に関する調査研究 , 国立教育政策研究所 , 図画工作・美術研究班研究協力者
2003 , 科学研究費審査 , 日本学術会議科学専門科学研究費委員会専門委員会 , 審査委員
2002 , 研究・評価員 , 学位授与・評価機構 , 評価員

管理運営

学内兼務職
2005 - 2007 , 附属学校部長
1998 - 2001 , 附属岡崎小学校長