English 

山田 篤史 (ヤマダ アツシ)

プロフィール

所属
自然科学系 数学教育講座
職名
教授
学歴
1992 , 広島大学 , 博士前期 , 教育学研究科 , 修了
取得学位
修士(教育学) , 広島大学
研究職歴
2013- , 愛知教育大学 教育学部 教授
2007-2013 , 愛知教育大学 教育学部 准教授
2002-2007 , 愛知教育大学 教育学部 助教授
1999-2002 , 愛知教育大学 教育学部 助手
1995-1999 , 兵庫教育大学 学校教育学部 助手
受賞学術賞
1998 , 全国数学教育学会学会奨励賞
所属学会
日本数学教育学会
日本科学教育学会
日本教科教育学会
全国数学教育学会
National Council of Teachers of Mathematics
International Group for the Psychology of Mathematics Education

研究活動

研究分野
教科教育学
科学教育
キーワード:数学教育 , 数学的問題解決 , 表象/表現
現在の研究課題
潜在的な数学的能力の測定用具及びその活用化に関する研究
キーワード:潜在的な数学的能力 , 2007-
数学的問題解決における認知プロセス

数学的問題解決における自己参照的活動

著書
数学教育の目的・目標論(第1章2節) 数学教育のカリキュラム(第1章3節)
教師教育講座 第14巻『中等数学教育』, 協同出版, :21-49, 2014
「量と測定」領域の教材研究と指導事例
『新しい学びを拓く算数科授業の理論と実践』, ミネルヴァ書房, :145-161, 2011
「数と式」領域の指導
『新訂 数学教育の理論と実際< 中学校・高等学校(必修)>』, 聖文新社, :110-140, 2010
論文
影山和也・和田信哉・岩田耕司・山田篤史・岡崎正和
数学教育における図式との相互作用による数学的思考の分析 ---記号論と身体化理論のネットワーク化を通した図式の意味について---
『数学教育学研究』, 全国数学教育学会, 22(2):163-174, 2016
中原忠男・山田篤史・清水紀宏・山口武志・影山和也・小山正孝・飯田慎司・植田敦三
潜在的な数学的能力の測定用具の活用化に向けた開発的研究(V) ---思考力に対する潜在力指導の効果の検討---
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 17(2):65-74, 2011
潜在的な数学的能力の測定用具の活用化に向けた開発的研究(IV) -測定用具の活用方法と潜在力育成の可能性の検討-
環太平洋大学研究紀要, 4:9-19, 2011
清水紀宏・山田篤史
数学的問題解決におけるふり返り活動による解法の進展について ---「じゃんけん問題」の解決におけるふり返り活動の分析---
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 16(1):43-56, 2010
中原忠男・清水紀宏・影山和也・山田篤史・山口武志・小山正孝・飯田慎司・植田敦三
潜在的な数学的能力の測定用具の活用化に向けた開発的研究(II) ---小学校4年生の潜在力と達成度との関係---
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 15(2):81-93, 2009
山田篤史・清水紀宏
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(IX) ---「じゃんけん問題」解決終了後のふり返り活動による解法の進展について---
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 14:31-40, 2008
清水紀宏・山田篤史
数学的問題解決終了後のふり返り活動による解法の進展について: 潜在的な数学的能力を視点とした検討
日本教科教育学会誌, 30(2):1-8, 2007
山田篤史・清水紀宏
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(VIII): 複数の変数を視点とした自己参照的活動の分析
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 11:77-88, 2005
清水紀宏・山田篤史
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(VII): 問題解決終了後の「ふり返り」活動について
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 9:127-140, 2003
山田篤史・清水紀宏
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(VI): 「正方形化問題」の解決過程における自己参照的活動の分析
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 8:95-107, 2002
飯田慎司・山田篤史・清水紀宏・中原忠男・崎谷眞也・重松敬一・岩崎秀樹・植田敦三・金本良道・小山正孝・岡本真彦
潜在的な数学的能力の測定用具の開発的研究(1)-測定用具の開発とその検討-
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 8:187-199, 2002
清水紀宏・山田篤史
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(V): 特設型問題解決授業の自力解決における自己参照的活動の分析
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 7:69-79, 2001
山田篤史・清水紀宏
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(IV):変数"M-SE/SE-C"を視点とした問題解決過程の分析
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 6:67-75, 2000
清水紀宏・山田篤史
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(III)-変数"M-SE/SE-C"に関する検討-
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 5:55-68, 1999
山田篤史・清水紀宏
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(II):変数OG/NOGに関する検討
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 4:71-82, 1998
数学的問題解決における認知プロセスを記述する枠組みについて
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 3:59-73, 1997
清水紀宏・山田篤史
数学的問題解決における自己参照的活動に関する研究(I) -自己参照的活動の捉え方について-
全国数学教育学会誌『数学教育学研究』, 3:47-58, 1997
数学的問題解決における認知プロセスに関する研究 -心像的表象のタイプと機能-
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 2:79-89, 1996
G.A.Goldinの「問題解決のコンピテンス・モデル」の再検討
全国数学教育学会誌 『数学教育学研究』, 1:37-44, 1995
数学的問題解決における解決者の認知プロセスに関する研究-問題解決の成功/不成功にかかわる分析的観点の導出-
中国四国教育学会編『教育学研究紀要』第2部, 40(2):199-204, 1994
問題解決過程に関する認知論的研究-問題解決過程分析によるG.A.Goldinの数学的問題解決能力モデルの改編の実験的検討-
西日本数学教育学会 数学教育学研究紀要, (18):37-47, 1992
問題解決過程に関する認知論的研究 -G.A.Goldin の5つの言語体系に基づいた問題解決の能力モデルについて-
中国四国教育学会編『教育学研究紀要』第二部, 37:250-255, 1992
問題解決過程に関する認知論的研究-問題解決過程と文章理解の関連に着目して-
西日本 数学教育学会 数学教育学研究紀要, (17):75-102, 1991
学会発表
清水紀宏・山田篤史
算数・数学の授業におけるインフォーマルな表現を捉える枠組みについて
全国数学教育学会第41 回研究発表会, 2015
東広島市:広島大学
中原忠男ほか7名
潜在的な数学的能力の測定用具の活用化に向けた開発的研究(III) -潜在力指導の結果の検討-
日本数学教育学会, 第43 回数学教育論文発表会, 2010
宮崎市:宮崎大学
中原忠男ほか7名
潜在的な数学的能力の測定用具の活用化に向けた開発的研究(I) -測定用具の信頼性の検討を中心として-
日本数学教育学会, 第41 回数学教育論文発表会, 2008
つくば市:筑波大学
Successful switchover of an approach in mathematical problem solving:A case study on guess and check
第1回数学教育国際委員会・東亜地域数学教育国際会議論文集, 1:362, 1998
数学的問題解決における認知プロセスに関する研究:表象の詳述化のための枠組みから生起する研究上の問題について
日本数学教育学会第30回数学教育論文発表会論文集, :37-42, 1997
数学的問題解決における認知過程に関する研究-G.A.Goldinの「数学的問題解決のコンピテンス・モデル」における記述的側面の検討-
日本数学教育学会 第27回 数学教育論文発表会 論文集, 27:383-388, 1994
問題解決過程に関する認知論的考察〜問題解決過程に関するモデルについての一考察〜
日本数学教育学会 第24回 数学教育論文発表会 論文集, 24:221-226, 1991
科学研究費補助金(研究代表者)
2013 - 2015 , 数学的表現のふり返りと修正を意識した問題解決的指導に関わる基礎的研究 , 基盤研究(C)
2010 - 2012 , 数学的問題解決における表現の役割を意識した授業デザインに関する基礎的研究 , 基盤研究(C)
2008 - 2010 , 数学的問題解決における「ふり返り活動」とその指導に関する実証的研究 , 基盤研究(C)
2002 - 2004 , 逆思考問題の解決における問題表象の構成とその発達に関する研究 , 若手研究(B)
2000 - 2001 , 問題解決終了後の自己参照的活動に関する基礎的研究 , 奨励研究(A)
科学研究費補助金(研究分担者)
2014 - 2016 , 数学教育における図式との相互作用による数学的思考の分析-認知と文化の視座から- , 基盤研究(C)
2013 - 2016 , 算数・数学の授業における子どもによる表現とその洗練プロセスに関する研究 , 基盤研究(C)
2012 - 2016 , 学会による日本型数学教育の国際的発信を目指した基盤研究 , 基盤研究(A)
2012 - 2014 , 文化的目的を意識した高校と大学をつなぐ数学学習教材の開発的研究 , 基盤研究(C)
2009 - 2011 , 大学入学前・大学初年次教育を目的とした数学教材の開発的研究 , 基盤研究(C)
2007 - 2010 , 潜在的な数学的能力の測定用具の活用化に向けた開発的研究 , 基盤研究(B)
2007 - 2008 , 読解力,リテラシー等の能力育成を目指す教科の在り方に関する総合的研究 , 基盤研究(C)
2007 - 2008 , 高大連携を思考した実験的教科書・教材の有効性の実証的研究 , 基盤研究(C)
2005 - 2006 , 高大連携を志向した高等学校数学の教育課程や教科書の開発研究 , 基盤研究(C)
2005 - 2005 , 図形の動的探究を支援する学習環境とコンテンツの開発と実践 , 特定領域研究(新世紀型理数科系教育の展開研究)
2003 - 2004 , インターネットを用いた図形の動的探求を支援する学習環境とコンテンツの開発 , 特定領域研究(新世紀型理数科系教育の展開研究)
1999 - 2001 , 潜在的な数学的能力の測定用具の開発的研究 , 基盤研究(B)(1)
1995 - 1997 , 認知科学的アプローチによる教科をこえた児童・生徒の概念形成に関する研究 , 基盤研究(B)(2)

教育活動

授業等
2019 , 前期 , 算数科研究AⅠ
2019 , 前期 , 初等算数科教育内容AⅠ
2019 , 前期 , 初等算数科教育内容AⅡ
2019 , 前期 , 数学科教育CⅢ
2019 , 前期 , 数学講究Ⅱ
2019 , 前期 , 算数・数学科実践研究Ⅰ
2019 , 後期 , 初等算数科教育内容AⅠ
2019 , 後期 , 数学科教育CⅢ
2019 , 後期 , 数学講究Ⅰ
2019 , 後期 , 数学講究Ⅲ
2019 , 後期 , 算数科教育方法論Ⅰ
2019 , 後期 , 算数・数学科実践研究Ⅱ