English 

野崎 浩成 (ノザキ ヒロナリ)

プロフィール

所属
教育科学系 教育ガバナンス講座
職名
教授
メールアドレス
nozakiauecc.aichi-edu.ac.jp
学歴
2000 , 東京工業大学 , 博士 , 人間行動システム専攻 , 修了
1991 , 愛知教育大学 , 教育学部 , 情報科学コース , 卒業
取得学位
博士(工学) , 東京工業大学
工学修士 , 東京工業大学
研究職歴
2014- , 愛知教育大学 教授
2007-2014 , 愛知教育大学 准教授
2001-2007 , 愛知教育大学 助教授
1998-2001 , 愛知教育大学 助手
1995-1998 , 名古屋市立大学 計算センター 助手
受賞学術賞
1997 , 日本教育工学会 学会論文賞
1996 , 全NEC C&C システムユーザ会優良論文賞
所属学会
日本教育工学会
日本語教育学会
教育システム情報学会
電子情報通信学会
日本心理学会
日本認知科学会
日本教育心理学会
計量国語学会

研究活動

研究分野
教育工学
図書館情報学・人文社会情報学
キーワード:教育工学 , 教育+言語+心理+ICT(情報通信技術) , 日本語教育 , 認知科学 , 教育・社会系心理学
現在の研究課題
コンピュータ利用教育に関する研究
キーワード:コンピュータリテラシー , 学習方略
認知科学のための語彙調査とその計量的分析
キーワード:語彙調査 , 文字認知
感情情報に基づく情報検索に関する研究
キーワード:データベース , ファジィ理論 , 情報検索
著書
情報教育テキスト<基礎編>(共著)
中部日本教育文化会印刷部, 1999
新聞電子メディアの漢字-朝日新聞CD-ROMによる漢字頻度表- 国立国語研究所プロジェクト選書NO.1 (共著)
三省堂, 1998
秘伝 HTML,CGI,PerlによるWebプログラミング(翻訳)
株式会社ビー・エヌ・エヌ, 1997
MAPLE V リファレンスブック(共著)
(株)オーム社, 1997
論文
野崎 浩成,江島 徹郎,梅田 恭子
「常用漢字表」改訂に関する研究 ―常用漢字表から削除された漢字の辞書掲載状況の分析―
愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 61:207-211, 2012-03
リポジトリ
Nozaki Hironari, Toda Kazuyuki, Ejima Tetsuro, Umeda Kyoko
Study of IT terms used in non-vocational high school Information Technology class textbooks: toward corpus-based lexical studies and sentence comprehension
愛知教育大学教育実践総合センタ-紀要, 愛知教育大学実践総合センター, 13:59-66, 2010-02
リポジトリ
Nozaki Hironari, Toda Kazuyuki, Umeda Kyoko
Various problems concerning the construction of a WWW Japanese-language corpus: the current state and future prospects of Japanese-language corpus research
愛知教育大学教育実践総合センタ-紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 12:117-123, 2009-02
リポジトリ
野崎 浩成
高等学校教諭1種免許状(情報)取得希望者を対象とした情報科教育法
愛知教育大学研究報告. 教育科学, 愛知教育大学, 52:191-193, 2003-03
リポジトリ
野崎 浩成
情報科学専攻科目「教育システム開発」における授業実践の報告
愛知教育大学研究報告. 教育科学, 愛知教育大学, 51:143-144, 2002-03
リポジトリ
人文系学部生を対象とした統計解析学習用教材の開発-授業実践報告とその学習評価-(共著)
愛知教育大学研究報告第50輯(教育科学編), 4(50):199-203, 2001
リポジトリ
小中学校におけるネットワーク利用課金の分析(共著)
教育システム情報学会誌, 17(1):51-55, 2000
JIS外漢字の電子化手法と教材開発への応用(共著)
愛知教育大学研究報告第49輯(教育科学), :175-178, 2000
リポジトリ
算数割合文章題の理解と解決を支援するコンピュータ操作による線分図方略の開発(共著)
愛知教育大学教育総合センター紀要, 3:27-34, 2000
リポジトリ
プロトコル分析
教育システム情報学会誌, 17(2):221, 2000
新聞における漢字頻度特性の分析とNIEのための漢字学習表の開発(共著)
日本教育工学雑誌, 24(2):121-132, 2000
インターネット入門講習に関する実践的研究(共著)
教育システム情報学会誌, 15(4):281-284, 1999
新聞記事データベースにおける「槇」の消失現象(共著)
人文学と情報処理, 20:57-63, 1999
電子メディアを対象とした日本語テキストデータ処理(共著)
教育システム情報学会誌, 16(3):181-182, 1999
新聞と雑誌における漢字使用頻度の分析(共著)
日本教育工学雑誌, 21(Suppl):21-24, 1998
『朝日新聞』のCD-ROMと紙面における幽霊文字と辞書非掲載字-「JIS X 0208」の漢字を中心に- (共著)
計量国語学, 21(4):145-161, 1998
テキストデータベースに対応したKWIC作成システムの開発(共著)
日本教育工学雑誌, 22(Suppl):57-60, 1998
教育システム情報学会東海支部インターネット名古屋5校プロジェクト中間報告書(共著)
教育システム情報学会東海支部, 1998
インターネットによる美術教材データベースのサービスを目的とする感性情報処理(共著)
電子情報通信学会論文誌, J80-D-II(4):943-951, 1997
漢字学習支援システムの開発-漢字の構造理解と筋運動感覚の獲得- (共著)
日本教育工学雑誌, 21(1):25-35, 1997
実験的計測に基づく印象語間の類義語関係の定量的研究(共著)
教育システム情報学会誌, 14(2):71-82, 1997
日本語を科学する
名古屋市立大学紀要, 2:33-34, 1997
ファジネスの高い蓄積データを対象にした情報検索技法 -絵画データベースを例として- (共著)
日本ファジー学会誌, 8(2):284-293, 1996
文字使用に関する計量的研究 -日本語教育支援の観点から- (共著)
日本教育工学雑誌, 20(3):141-149, 1996
印象語シリーラスにおけるファジィな類義語関係の定量的検証-ファジィ・シリーラスの理論的基礎の確立をめざして-(共著)
日本ファジィ学会誌, 8(4):546-656, 1996
経済学部大学生を対象にしたコンピュータ・リテラシー教育のための学習教材, 学習環境および教授方略 (共著)
日本教育工学雑誌, 19(3):159-170, 1995
LIPS Prolog 変換プログラムの開発
愛知教育大学教育工学センター 研究レポート, (33), 1994
翻訳
MAPLE V リファレンスブック(共著)
(株)オーム社, 1997
科学研究費補助金(研究代表者)
2014 - 2016 , プロトコルを用いた個別学習者概念辞書の作成と読解力向上への教育実践的応用 , 基盤研究(B)
2011 - 2013 , 計量言語学的手法を用いたコーパスからの漢字特徴量抽出と新常用漢字の教育実践的研究 , 基盤研究(B)
2007 - 2009 , WWWを用いた日本語コーパスの構築と文章理解支援への応用 , 基盤研究(B)
2003 - 2005 , 日本語におけるカタカナ語の使用実態調査と語彙習得支援環境の構築 , 若手研究(B)
2000 - 2001 , 電子メディアを用いた大規模語彙調査と教科書電子化への応用 , 奨励研究(A)
1997 - 1998 , ネットワーク環境における日本語学習支援システムの開発とその遠隔地利用への応用 , 奨励研究(A)
受託研究
2005 - , 体験型情報モラル学習教材の開発 -高等学校普通教科「情報」での授業実践研究-
2001 - , Web環境における言語学習支援システムの開発 -海外在住の日本語学習者への漢字教材配信-
2000 - 2000 , 東アジア圏の漢字文化の情報発信と日本の技術的役割 -ネットワーク環境を活用した漢字情報交換実現のための諸問題- , (財)松下国際財団研究助成, 研究代表者(野崎浩成)

教育活動

授業等
2019 , 前期 , 情報教育入門
2019 , 前期 , 教育心理学
2019 , 前期 , 教育支援と教育ガバナンス
2019 , 前期 , 教育統計
2019 , 前期 , 教授学習論
2019 , 前期 , 学習・言語心理学Ⅱ
2019 , 前期 , 情報学研究Ⅱ
2019 , 前期 , 教授学習論
2019 , 前期 , 学習支援特論
2019 , 後期 , データサイエンスA
2019 , 後期 , 教育ガバナンス基礎演習Ⅱ
2019 , 後期 , 情報学研究Ⅰ
2019 , 後期 , ICTと学校評価論
2019 , 後期 , 情報学研究Ⅲ
2019 , 後期 , 教育工学演習Ⅱ

社会活動

日本学術会議協力学術研究団体(学会)等での活動
教育システム情報学会東海支部 , 副支部長
その他社会活動
国立国語研究所 , 共同研究者(2016年3月まで)