Researcher Directory | Aichi University of Education.


detailes

Umeda Kyoko

  • Faculty:Department of Information SciencesPosition:Associate Professor
  • Address:1 Hirosawa,Igaya-cho,Kariya-shi,Aichi
  • TEL:FAX:
  • E-mail address:
  • Web site:
Modified:05/08/2019

Profile

Assigned Class

  • Natural Sciences

Research Field

  • Educational Technology
  • Keywords:information education

Current Subject

  • A development of an instructional method and learning material for information morals

Academic Societies

Academic Societies
  • Japanese Society for Information and Systems in Education
  • Japanese Society for Educational Technology
  • Japanese Association for Education of Information Studies

Academic Background

Degree
  • Ph.D.

Research Career

Research Career
  • 2009 - , Aichi University of Education Associate professor
  • 2005 - 2009 , Aichi University of Education Lecturer
  • 2002 - 2005 , Aichi University of Education Assistant professor

Research

Books, Articles, etc.

Articles
  • 原 慎一郎, 梅田 恭子
    アサーション・トレーニングにおける非対面ロールプレイが依頼文に与える効果の検証]
    愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 66:143-147, 2017
  • 梅田 恭子, 加古 雄太郎, 野崎 浩成, 江島 徹郎
    体験の題材の身近さによる情報モラルの学習効果の比較
    愛知教育大学研究報告. 教育科学編 , 愛知教育大学, 65:175-180, 2016
  • 梅田 恭子, 江島 徹郎, 野崎 浩成
    情報モラルの4つの判断観点とゴールベースシナリオ理論に基づく体験学習教材の開発と実践
    愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 58:195-201, 2009
  • 梅田 恭子, 野村 育美, 野崎 浩成ほか
    情報モラルの4つの判断観点を用いた体験学習教材の開発と実践 (e-learningの質保証/一般)
    教育システム情報学会研究報告, 教育システム情報学会, 23(2):13-19, 2008
  • 梅田 恭子, 山田 果林, 野崎 浩成ほか
    算数文章題の解決過程に着目した外国人・日本人児童のためのマルチメディア教材の開発 (日本語教育と教育工学/一般)
    日本教育工学会研究報告集, 日本教育工学会, 8(1):31-38, 2008
  • 山根 真理, 江島 徹郎, 梅田 恭子ほか
    「教育実習」を核とした日韓交流プログラムの開発と実践--2007年度 愛知教育大学-晋州教育大学校の学生相互訪問を中心に
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 11:47-53, 2008
  • 梅田 恭子, 江島 徹郎, 野崎 浩成
    情報モラル判断の枠組みを学習するゴールベースシナリオ理論に基づく教材の開発と授業実践
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 11:67-72, 2008
  • 梅田 恭子, 滝藤 慎介, 野崎 浩成ほか
    デジタル写真における児童生徒の存在感を表すメタデータの提案--写真群の平等性判定への利用 (特集 学習オブジェクト・学習データの活用と集約)
    日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会, 31(3):327-335, 2007
  • 梅田 恭子, 内藤 祐美子, 野崎 浩成ほか
    SNSにおけるWeb日記を介した大学生のコミュニケーションに関する研究 (Webテクノロジー/一般)
    教育システム情報学会研究報告, 教育システム情報学会, 22(2):65-71, 2007
  • 江島 徹郎, 梅田 恭子, 野崎 浩成ほか
    子ども・保護者・教員が相互にBlogを活用して情報を伝え合う力を育成する実践研究
    教育メディア研究, 日本教育メディア学会, 13(2):45-53, 2007
  • 梅田 恭子, 野崎 浩成, 江島 徹郎
    非対面時の電子掲示板の援用による対面時の教師と生徒間のコミュニケーションに関する事例研究
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 10:97-103, 2007
  • 梅田 恭子, 内藤 祐美子, 野崎 浩成ほか
    大学生を対象としたSNSのWeb日記によるコミュニケーションの検討
    日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会, 31:69-72, 2007
  • 梅田 恭子, 江島 徹郎, 野崎 浩成
    高等学校普通教科「情報B」におけるアルゴリズム学習教材の開発と評価
    愛知教育大学研究報告. 教育科学編, 愛知教育大学, 55:167-173, 2006
  • 野崎 浩成, 江島 徹郎, 梅田 恭子
    暗号化体験学習教材の開発--高校生への情報セキュリティ教育
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 9:71-76, 2006
  • 江島 徹郎, 梅田 恭子
    本学〔愛知教育大学〕におけるeラーニングの活用に関する実践研究
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 9:77-82, 2006
  • 梅田 恭子, 荻野 敦史, 江島 徹郎ほか
    掲示板を用いた教師と生徒のコミュニケーションに関する事例研究
    日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会, 30:29-32, 2006
  • 鈴木康裕, 野崎浩成, 江島徹郎, 梅田恭子, 平田賢一
    普通教科「情報」における情報倫理教育の実践的研究
    教育メディア研究, 13(1):63-76, 2006
  • Kyoko Umeda, Tetsuro EJIMA, Hironari NOZAKI
    The Development of School Websites Management System and Its Trials during School Field Work in a Distant Place
    IJCSNS International Journal of Computer Science and Network Security, 6(11):152-157, 2006
  • 野崎 浩成, 江島 徹郎, 梅田 恭子ほか
    大学生における携帯電話利用の実態調査--家族とのコミュニケーションに及ぼす影響の分析
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 8:63-67, 2005
  • 梅田 恭子, 江島 徹郎, 野崎 浩成ほか
    大学生におけるパソコンと携帯電話によるインターネット利用の実態調査--パソコンと携帯電話利用者の情報活用能力について
    愛知教育大学教育実践総合センター紀要, 愛知教育大学教育実践総合センター, 8:69-74, 2005
  • 滝藤慎介, 梅田恭子, 野崎浩成
    CMSを対応させたWeb学級通信作成システムの開発
    情報教育シンポジウム論文集, 情報処理学会, 2004
  • 梅田恭子, 安田孝美, 横井茂樹
    専門家とのコラボレーションによるXML を用いたマルチメディアオンラインクイズシステムの開発と検討
    教育システム情報学会誌, 19(2):79-88, 2002
  • 梅田 恭子, 安田 孝美, 横井 茂樹
    知識メモを活用した研究情報共有方式の提案 (特集 21世紀のグループウェア)
    情報処理学会論文誌, 情報処理学会, 42(11):2562-2571, 2001
  • 梅田 恭子, 原 崇, 安田 孝美ほか
    高速通信回線におけるXMLを活用したオンラインクイズシステムの提案と開発
    情報処理学会研究報告, 情報処理学会, 2001(40):25-32, 2001
  • 梅田 恭子, 安田 孝美, 横井 茂樹
    XMLを用いた知識管理方式の提案と考察 (特集:若手の会)
    情報処理学会研究報告, 情報処理学会, 2000(32):13-18, 2000
Translation
  • Kyoko UMEDA, Shinsuke TAKITO, Hironari NOZAKI, Tetsuro EJIMA
    A proposal for metadata to express students’ “presence” in digital photos ?Use in the determination of equality in groups of photos-
    Educatinal Technology Research, 31:97-106, 2008
    Tanslation
Others
  • 梅田恭子, 齊藤ひとみ
    ICTを利用した教育に関する研究の動向
    教育システム情報学会誌, 22(4):290-298, 2005

Research Grants

Grants-in-Aid for Scientific Research(Research representative)
  • 2007 - 2011 , 学習者の道徳意識や情報知識を考慮にいれた情報モラル体験学習教材の開発と授業実践 , 若手B
  • 2004 - 2006 , Webページによる学校・保護者・児童生徒間のコミュニケーションに関する研究 , 若手B
Grants-in-Aid for Scientific Research(Those who allot it)
  • 2007 - 2010 , 海外での教育実習による幅広い視野を持つ教員の養成 , 基盤研究C
  • 2007 - 2009 , WWWを用いた日本語コーパスの構築と文章理解支援への応用 , 基盤研究B
  • 2003 - 2005 , ポートフォリオ評価の実証的研究(その2) , 基盤研究C
Contribution
  • 2005 - 2006 , 体験型情報モラル学習教材の開発-高等学校普通教科「情報」での授業実践-
  • 2003 - 2004 , 専門家とのコラボレーションによるマルチメディア・オンライン教材提供システムに関する研究

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. Planning and Operating : MEDIA FUSION Co., Ltd.
Unauthorized use of all contents on this site is prohibited.