Researcher Directory | Aichi University of Education.


detailes

Kano Seiji

  • Faculty:Department of Living Environment StudiesPosition:Professor
  • Address:1 Hirosawa,Igaya-cho,Kariya-shi,Aichi
  • TEL:FAX:
  • E-mail address:
  • Web site:
Modified:05/07/2019

Profile

Assigned Class

  • Educational Sciences

Research

Books, Articles, etc.

Articles
  • 振り返りと交流を意識し自分自身の理解を深める生活科 ―自己の学びや育ちを肯定的にとらえることを中心に―
    学会誌「せいかつか&そうごう」, 日本生活科・総合的学習教育学会, (第22号):54頁-63頁, 2015-03
  • 生活科のカリキュラム
    学会誌「せいかつか&そうごう」 16頁-23頁, 日本生活科・総合的学習教育学会, (第20号):16頁-23頁, 2015-03
  • 岡崎師範学校附属小学校における探究的な学習のカリキュラム研究 ―生活教育(探究)と教科教育(習得)との関係を中心に―
    紀要  91頁-101頁, 中部学院大学・中部学院大学短期大学部総合研究センター, (第16号):91頁-100頁, 2015-03
  • 子どもの学びや育ちを小学校6年間でつなげるカリキュラムデザイン ―連続的・系統的に学び合う「城ケ峰学習」からの一考察―
    紀要 , 中部学院大学・中部学院大学短期大学部総合研究センター, (第15号):121頁-130 頁, 2014-03
  • 異学年の子どもが協同的・連続的に学び合うカリキュラムによる学習効果 ―第3・4学年総合「エコキッズみつくり」の実践を通して―
    紀要, 中部学院大学・中部学院大学短期大学部総合研究センター, (第14号):81頁-88頁, 2013-03
  • 中学校総合における探究的・協同的な学習の在り方を問う ―中3「富士中発 坊ちゃんかぼちゃNEW刈谷ブランド」の実践を通して―
    学会誌「せいかつか&そうごう」, 日本生活科・総合的学習教育学会, (第19号):88頁-95頁, 2012-03
  • 言葉の力を発揮し豊かに表現する生活科授業の創造  ―大正自由教育の理念を現代に活かした「はたけうた」を通して―
    学会誌「せいかつか&そうごう」第18号, 日本生活科・総合的学習教育学会, (第18号):96頁-103頁, 2011-03
  • 体験学習の有用性と発展性  ―長野師範附小・研究学級の事例を手がかりに―
    紀要, 中部学院大学・中部学院大学短期大学部総合研究センター, (第11号):122頁―129頁, 2010-03
  • 生活科で新設された内容「(8)生活や出来事の交流」が意味するもの
    学会誌「せいかつか&そうごう」, 日本生活科・総合的学習教育学会, (第16号):4頁-11頁, 2009-03
  • 生活科学習における「気付きの質を高める」ことに関する研究
    紀要, 中部学院大学・中部学院大学短期大学部総合研究センター, (第10号 ):159頁―167頁, 2009-03

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. Planning and Operating : MEDIA FUSION Co., Ltd.
Unauthorized use of all contents on this site is prohibited.