研究者総覧 | 愛知教育大学


詳細検索

野平 慎二(ノビラ シンジ)

  • 所属部署名:学校教育講座職名:教授
  • 住所:〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
  • 電話番号:FAX番号:
  • メールアドレス:
  • ホームページURL:
更新日:2017/05/08

プロフィール

兼担研究科・学部

  • 教育科学系

研究分野

  • 教育哲学
  • キーワード:教育哲学 , 教育思想史

現在の研究課題

  • コミュニケーションと人間形成に関する理論的研究
    キーワード:コミュニケーション的行為の理論 , 物語論 , 共同体論
  • 美と人間形成に関する理論的、思想史的研究
    キーワード:美 , 崇高 , 想像力 , 反省的判断力

所属学会

所属学会
  • 中部教育学会
  • 日本ディルタイ協会
  • 教育思想史学会
  • 日本教育学会
  • 教育哲学会

学歴

出身大学院・研究科等
  • 1992 , 広島大学大学院 , 教育学研究科
出身学校・専攻等(大学院を除く)
  • 1987 , 広島大学 , 教育学部
取得学位
  • 博士(教育学) , 広島大学大学院
  • 修士(教育学) , 広島大学大学院

研究職歴等

研究職歴
  • 2014- , 愛知教育大学教育学部 教授
  • 2002-2014 , 富山大学人間発達科学部 (旧・教育学部)
  • 1995-2002 , 琉球大学教育学部

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
  • 「特別の教科 道徳」が担うグローバル化時代の道徳教育 (共著)
    北大路書房, 2016
  • 教育哲学の課題「教育の知とは何か」-啓蒙・革新・実践- (共著)
    福村出版, 2015
  • 人間形成と承認-教育哲学の新たな展開 (共著)
    北大路書房, 2014
  • 道徳教育の可能性-徳は教えられるか (共著)
    福村出版, 2012
  • システムとしての教育を探る-自己創出する人間と社会 (共著)
    勁草書房, 2011
  • Bildung jenseits pädagogischer Theoriebildung? Fragen zu Sinn, Zweck und Funktion der Allgemeinen Pädagogik.(共著)
    VS Verlag (Wiesbaden), 2010
  • ハーバーマスと教育
    世織書房, 2007
  • Concepts of Aesthetic Education: Japanese and European Perspectives. (共著)
    Waxmann (Münster/New York/München/Berlin), 2007
  • Wie verstehen Pädagogen? Begriff und Methode des Verstehens in der Erziehungswissenschaft. (共著)
    VS Verlag (Wiesbaden), 2006
論文
  • 人間形成論的に方向づけられたビオグラフィ研究における人間形成論と人間形成研究の媒介 ― 思想史的および物語論的観点からの検討 ―
    愛知教育大学研究報告教育科学編, 65:99-107, 2016
  • Bildung und Erziehung unter den derzeitigen Bedingungen in Japan und die Aktualität des philosophisch-pädagogischen Denkens von Theodor Litt
    Theodor Litt Jahrbuch 2014, :51-64, 2014
  • 生成と物語-語りと語り直しの可能性の思想史
    近代教育フォーラム, 教育思想史学会, 19:15-30, 2010
  • 学校教育の公共性と教職の専門性-対話による基礎づけの試み
    教育学研究, 日本教育学会, 75(4):356-367, 2008
  • 国家・グローバリゼーション・教育-教育の政治性・市場性への公共空間の埋め込み
    近代教育フォーラム, 教育思想史学会, 15:119-131, 2006
  • 教育の公共性と政治的公共圏
    教育学研究, 日本教育学会, 67(3):281-290, 2000
  • 現代における人間形成と<美的なもの>-<ポストモダン>と<未完の近代>の間
    教育哲学研究, 教育哲学会, 76:124-137, 1997
  • J.ハーバーマスの行為理論のもつ教育学的意味-コミュニケイション的理性による啓蒙の理念の再構成
    教育哲学研究, 教育哲学会, 63:54-65, 1991
翻訳
  • Th.リット『科学の公的責任-科学者と私たちに問われていること』 (共訳)
    東信堂, 2015
  • Th.リット『原子力と倫理-原子力時代の自己理解』 (共訳)
    東信堂, 2013
  • K.モレンハウアー『回り道-文化と教育の陶冶論的考察』 (共訳)
    玉川大学出版部, 2012
  • W.ディルタイ『ディルタイ全集』(第6巻 倫理学・教育学論集) (共訳)
    法政大学出版局, 2008
  • Chr.ヴルフ編『歴史的人間学事典』(全3巻) (共訳)
    勉誠書房, 2005
  • K.モレンハウアー『子どもは美をどう経験するか-美的人間形成の根本問題』 (共訳)
    玉川大学出版部, 2001

研究費

科学研究費補助金(研究代表者)
  • 2015 - 2017 , 現代ドイツ教育哲学における人間形成論的ライフヒストリー研究の動向と課題 , 基盤研究C
  • 2011 - 2014 , インドネシアにおける多文化共生をめざした道徳教育カリキュラムの開発に関する研究 , 基盤研究C
  • 2008 - 2010 , 教員研修の効果の評価に関する教育哲学的・文化比較的研究 , 基盤研究C
  • 2003 - 2004 , 道徳教育における公共性意識の形成に関する日独比較研究 , 基盤研究C
科学研究費補助金(研究分担者)
  • 2016 - 2018 , 青少年の挫折経験に関する人間形成論的研究-「生の語り」の分析から- , 基盤研究C
  • 2002 - 2005 , 「美的なもの」の教育的影響に関する理論的・文化比較的研究 , 基盤研究B

教育活動実績

授業等

  • 2017 , 教育哲学・思想論研究
  • 2017 , 教科開発学セミナーⅠ
  • 2017 , 教科開発学セミナーⅡ
  • 2017 , 教科開発学セミナーⅢ
  • 2017 , 前期 , 教育原論
  • 2017 , 前期 , 教育思想論演習
  • 2017 , 前期 , 教育哲学演習Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 教育学概論Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 教育学特別研究Ⅰ
  • 2017 , 後期 , 道徳教育の研究
  • 2017 , 後期 , 教育学特別研究Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 教育総合演習Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 教育哲学特論Ⅱ

社会活動実績

社会活動等

教員免許状講習
  • 2009-2015 , 教育の最新事情
本学以外の公的機関を通した活動
  • 2015 , 平成27年度愛知県教育委員会教育職員免許法認定講習 , 講師
  • 2014-2017 , 教科「環境」の教材開発と教員の再教育支援プロジェクト , JICA , プロジェクトマネージャー
日本学術会議協力学術研究団体(学会)等での活動
  • 2014-2016 , 日本教育学会編集委員会 , 委員
  • 2009- , 教育思想史学会理事会 , 理事
  • 2009-2015 , 教育思想史学会編集委員会 , 委員
  • 2009-2013 , 教育哲学会編集委員会 , 委員
学外審議会・委員会
  • 2016- , 愛知県教育委員会家庭教育企画委員会 , 委員長
NPO等自主的組織における活動
  • 2002- , NGOインドネシア教育振興会 理事
その他社会活動
  • 2016 , みよし市立南中学校校内研修(道徳教育) , 講師
  • 2016 , 富山市立上条小学校校内研修(道徳教育) , 講師
  • 2015 , 春日井市立鳥居松小学校校内研修(道徳教育) , 講師

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. 株式会社メディアフュージョン
企画・運用 国立大学法人愛知教育大学
無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。