研究者総覧 | 愛知教育大学


詳細検索

赤倉 松次郎(アカクラ マツジロウ)

  • 所属部署名:理科教育講座職名:准教授
  • 住所:〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
  • 電話番号:FAX番号:
  • メールアドレス:makakuraauecc.aichi-edu.ac.jp
  • ホームページURL:
更新日:2017/05/11

プロフィール

兼担研究科・学部

  • 自然科学系

研究分野

  • 物理化学
  • 有機化学
  • 無機化学
  • 合成化学
  • 高分子化学
  • 機能物質化学
  • 環境関連化学
  • 有機合成化学
  • キーワード:有機合成化学 , 高分子合成化学 , 理論計算化学

現在の研究課題

  • 酸・塩基複合型超分子動的錯体を鍵とする高機能触媒の創製
    2009-2014-
  • 様々な有機触媒を用いた高選択的有機合成反応に関する理論的研究
    キーワード:高選択的有機合成反応 , 理論的研究 , 有機触媒 , 2008-
  • スーパーシリル基を用いた高選択的有機合成反応に関する理論的考察
    キーワード:スーパーシリル , 高選択的有機合成反応 , 理論的考察 , 2007-
  • Ru(o)錯体とオレフィン類との〔2+3〕型環化付加反応に関する理論的研究
    キーワード:〔2+3〕型環化付加反応 , 理論化学計算
  • すず触媒を用いたラクチド開環反応の機構について
    キーワード:理論化学計算 , ラクチド , すず錯体
  • Ru(o)触媒を用いたジエン類の〔4+4〕型環化付加反応の開発
    キーワード:Ru(o)触媒 , 〔4+4〕型環化付加反応 , 理論化学計算
  • マレイン酸誘導体を用いた有機合成・高分子合成化学反応の開発
    キーワード:理論化学計算
  • 理論化学計算を用いた有機合成化学

所属学会

所属学会
  • 日本化学会
  • 高分子学会
  • 有機合成化学協会

学歴

出身大学院・研究科等
  • 1998 , 名古屋大学 , 博士 , 工学研究科 , 物質化学 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
  • 1993 , 名古屋大学 , 工学部 , 応用化学 , 卒業
取得学位
  • 博士(工学) , 名古屋大学

研究職歴等

研究職歴
  • 2007- , 愛知教育大学・准教授
  • 2003-2007 , 愛知教育大学・助教授
  • 1998-2003 , 愛知教育大学・助手

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

論文
  • Akira Sakakura, Rei Kondo, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara
    Rational Design of Highly Effective Asymmetric Diels-Alder Catalysts Bearing 4,4'-Sulfonamide Groups
    J. Am. Chem. Soc., 131(49):17762-17764, 2009
  • 環境調和型プロセスの有機合成化学開発における効率的な設計
    環境報告書2009, 愛知教育大学, :27, 2009
  • 機能性有機触媒を用いる選択的有機合成反応に関する理論的考察
    大幸財団 平成20年度事業報告書 「研究たより」, 2009
  • 銅(II)カチオン–n相互作用を基盤とした不斉Diels–Alder触媒の精密設計
    名古屋大学エコトピア研究所・共同研究助成報告書, 名古屋大学エコトピア研究所, 2009
  • 理論化学計算を積極的に活用した有機合成反応における選択性発現の解明
    センターレポート(2008-2009), 自然科学研究機構・計算科学研究センター, 2009
  • Matthew B. Boxer, Matsujiro Akakura, and Hisashi Yamamoto
    Ketone Super Silyl Enol Ethers in Sequential Reactions: Diastereoselective Generation of Tertiary Carbinols in One Pot
    J. Am. Chem. Soc., 130(5):1580-1582, 2008
  • Matsujiro Akakura, Masanori Kawasaki, Hisashi Yamamoto
    DFT Study of Brønsted Acid Catalyzed Nitroso Aldol Reaction between Achiral Enamine and Nitrosobenzene: The Reason for Regio- and Enantioselectivity
    Eur. J. Org. Chem., (25):4245-4249, 2008
  • Kazuaki Ishihara, Kazuhiko Nakano, Matsujiro Akakura
    Organocatalytic Enantioselective Diels-Alder Reaction of Diene with α-(N,N-Diacylamino)acroleins
    Org. Lett., 10(13):2893-2896, 2008
  • ニトロソ化合物を利用した有機化学反応に関する理論化学的研究
    センターレポート(2007-2008), 自然科学研究機構・計算科学研究センター, 2008
  • Kazuaki Ishihara, Makoto Fushimi, Matsujiro Akakura
    Rational Design of Minimal Artificial Diels–Alderases Based on Copper(II) Cation–Aromatic pai Attracive Interaction
    Accounts of Chemical Research, 40:1049-1055, 2007
  • Matsujiro Akakura, Matthew B. Boxer, Hisashi Yamamoto
    The unique reactivity of “Super silyl” in organic synthesis: A&0d0a;theoretical study.
    ARKIVOC Journal, Part X:337-347, 2007
  • Yuji Kosugi, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara
    Kinetic resolution of racemic alcohols catalyzed by minimal artificial acylases derived from L-histidine
    Tetrahedron, 63:6191-6203, 2007
  • Yuji Kosugi, Matsujiro Akakura, Kazuaki Ishihara
    Rational Design an L-Histidine-derived Minimal Artificial Acylase for the Kinetic Resolution of Racemic Alcohols
    J. Am. Chem. Soc., 126(39):12212, 2004
  • Nobuyoshi Nomura, Ryohei Ishii, Matsujiro Akakura, Keigo Aoi
    Stereoselective Ring-Opening Polymerization of Racemic Lactide Using Aluminum-Achiral Ligand Complexes: Exploration of a Chain-End Control Mechanism
    J. Am. Chem. Soc., 124(21):5938, 2002
  • Matsujiro Akakura, Nobuaki Koga
    Theoretical Study of Dimethyl Maleateand Its Complexes with Lewis Acids: Effect of the Interaction between Two Methoxycarbonyl Groups on Equilibrium Structures
    Bull. Clem. Soc., Jpn., 75(8):1785, 2002
  • Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    Methylalumoxane as a Lewis Acidic Reagent for Organic Synthesis
    SYNLETT, (3):277, 1997
  • Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto, R. A. Barron, S. G. Botto
    Methylmethacrylate complexes of sterically hindered aluminum aryloxides: activation of methacrylic esters
    Polyhedron, 16(24):4389, 1997
  • Keiji Maruoka, Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    Aluminum Tris(2,6-diphenylphenoxide) (ATPH) as an Efficient and Selective Activator for Inoue Polymerization
    SYNLETT, (1):81, 1995
  • Keiji Maruoka, Itsuro Shimada, Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    Conjugate Addition of Perfluoroalkyllithiums to α,β-Unsaturated Carbonyl Substrates by Complexation with Aluminum Tris(2,6-diphenylphenoxide)
    SYNLETT, (8):847, 1994
  • Keiji Maruoka, Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto et. al.
    Asymmetric Diels-Alder Reactionof Unsymmetrical Maleates. A Chemical Access to Chiral, Unsymmetrical cis-Cyclohexene-1,2-di-carboxylates
    J. Am. Chem. Soc., 116(14):6158, 1994
学会発表
  • 超原子価ヨウ素(V)触媒を用いるアルコールの高効率酸化反応及びその反応機構
    日本化学会年会, 2009
  • 非共有結合性相互作用を鍵とする銅(II)-キラル(ビスオキサゾリン)触媒を用いる高エナンチオ選択的Diels-Alder反応非共有結合性相互作用を鍵とする銅(II)-キラル(ビスオキサゾリン)触媒を用いる高エナンチオ選択的Diels-Alder反応
    日本化学会年会, 2009
  • 高エナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効なキラル超分子触媒の設計
    日本化学会年会, 2009
  • カチオン-π相互作用を鍵とする不斉触媒の設計とその応用
    日本化学会年会, 2008
  • Matsujiro Akakura
    理論化学計算を用いた有機合成化学・高分子合成化学の研究
    京都大学大学院理学研究科・有機合成化学研究室研究交流会, 2005
  • Ru(0)-ジイミン錯体とマレイン酸エステルの環化反応の理論的検討
    日本化学会, 2003
  • アルミニウム―アキラル配位子錯体を用いたラセミ体ラクチドの高イソタクチック選択的重合反応
    高分子学会, 2001
  • アルミニウム錯体を用いたラセミ体ラクチドの立体選択的重合
    高分子学会, 2001
  • Matsujiro Akakura
    有機・無機金属反応剤を用いる有機合成
    錯体化学若手の会夏の学校・生物無機化学研究会 97年夏期合同セミナー, 1997
  • Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    メチルアルモキサンをルイス酸反応剤として用いる有機合成
    日本化学会, 1997
  • Keiji Maruoka, Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    井上重合反応の優れた活性化剤, ATPH
    日本化学会, 1995
  • Keiji Maruoka, Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    非対称マレイン酸エステルを用いる不斉ディールス・アルダー反応の機構について
    日本化学会, 1994
  • Keiji Maruoka, Matsujiro Akakura, Hisashi Yamamoto
    非対称マレイン酸エステルの官能基職別に基づく不斉ディールス・アルダー反応
    日本化学会, 1993
その他
  • Many authors
    Quntum Chemistry Literature Database
    J. Mol. Strc.(THEOCHEM), 720-721:1-665, 2005
  • Many authors
    Quntum Chemistry Literature Database
    J. Mol. Strc.(THEOCHEM), 669-670:1-772, 2004
  • Many authors
    Quntum Chemistry Literature Database
    J. Mol. Strc.(THEOCHEM), 627-628:1-946, 2003

研究業績(芸術系の活動、フィールドワーク等)

その他
  • ライス大学(Barron研究室)訪問研究活動 , 1997

共同研究等希望テーマ

  • 高効率環境調和型反応プロセス , 有機合成化学 , 計算化学 , 技術相談
  • 高選択的合成反応 , 有機合成化学 , 計算化学

研究諸活動

その他研究活動
  • 2004-2005 , データベース作成
  • 2003-2004 , データベース作成
  • 2002-2003 , データベース作成
  • 2001-2002 , データベース作成

教育活動実績

授業等

  • 2017 , 前期 , 初年次演習
  • 2017 , 前期 , 有機化学演習
  • 2017 , 前期 , 科学リテラシー
  • 2017 , 前期 , 有機化学Ⅰ
  • 2017 , 前期 , 基礎化学ゼミナールⅠ
  • 2017 , 前期 , 有機化学Ⅰ
  • 2017 , 前期 , 有機化学演習
  • 2017 , 前期 , 分子機能科学特論
  • 2017 , 前期 , 分子機能・生命科学ゼミナールⅠ
  • 2017 , 前期 , 化学反応特論
  • 2017 , 前期 , 化学反応特論演習Ⅰ
  • 2017 , 後期 , 科学リテラシー
  • 2017 , 後期 , 化学Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 基礎化学ゼミナールⅢ
  • 2017 , 後期 , 有機化学Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 分子機能科学演習
  • 2017 , 後期 , 分子機能・生命科学特別実験
  • 2017 , 後期 , 分子機能・生命科学ゼミナールⅡ
  • 2017 , 後期 , 化学反応特論演習Ⅱ

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. 株式会社メディアフュージョン
企画・運用 国立大学法人愛知教育大学
無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。