研究者総覧 | 愛知教育大学


詳細検索

鷹巣 純(タカス ジュン)

  • 所属部署名:美術教育講座職名:教授
  • 住所:〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
  • 電話番号:FAX番号:
  • メールアドレス:
  • ホームページURL:
更新日:2017/05/12

プロフィール

兼担研究科・学部

  • 創造科学系

研究分野

  • 仏教絵画史
  • キーワード:日本 , 東アジア , 仏教 , 絵画 , 中世 , 図像学

現在の研究課題

  • 六道絵に関する図像学的研究
    キーワード:六道絵 , 地獄絵 , 十王図 , 図像学
  • 水陸画に関する図像学的研究

所属学会

所属学会
  • 美術史学会
  • 密教図像学会
  • 東海印度学仏教学会
  • 美学会
  • 仏教文学会
  • 絵解き研究会
  • 仏教文化財学研究会
所属学会役職担当
  • 2001-2003 , 美術教育学会 , 全国理事
  • 1998-2000 , 美術教育学会 , 理事
  • 1996- , 東海印度学仏教学会 , 理事

学歴

出身大学院・研究科等
  • 1993 , 名古屋大学 , 博士後期 , 文学研究科
  • 1991 , 名古屋大学 , 博士前期 , 文学研究科 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
  • 1989 , 名古屋大学 , 文学部 , 卒業
取得学位
  • 文学修士 , 名古屋大学

受賞学術賞

  • 1998 , 第5回鹿島美術財団賞 , 「中世後期における六道絵と十王図に関する図像学的研究」による

研究職歴等

研究職歴
  • 2013- , 愛知教育大学教育学部 教授
  • 2007-2013 , 愛知教育大学教育学部 准教授
  • 2006-2007 , 名古屋大学大学院 非常勤講師
  • 2004-2004 , 中京大学 非常勤講師
  • 2003-2003 , 名古屋大学大学院 非常勤講師
  • 2002- , 名古屋学芸大学 非常勤講師
  • 2001-2001 , 名古屋女子大学 非常勤講師
  • 2000-2002 , 愛知女子短期大学 非常勤講師
  • 1997-2007 , 愛知教育大学教育学部 助教授
  • 1994-1996 , 愛知教育大学教育学部 助手
  • 1993-1999 , 東海学園女子短期大学 非常勤講師
  • 1993-1994 , 名古屋大学文学部 助手
  • 1993-1994 , 愛知学院短期大学 非常勤講師

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
  • 第2章 絵画
    『新修 豊田市史 別編 美術・工芸』, 豊田市, 2014-03
  • 宮治昭,河野元昭,神谷浩,並木誠士,渡辺里志,朝日美砂子,井手誠之輔,伊藤大輔,小島登茂子,吉川美穂,四辻秀紀,神尾愛子,橋村愛子,村松加奈子
    浄土教と浄土宗・浄土真宗の美術・作品解説
    愛知県史 別編 文化財2 絵画, 愛知県, 2011-03
論文
  • 善光寺如来絵伝・視覚イメージの広がり
    『縁起堂淵之坊本善光寺如来絵伝』(若麻績侑孝監修), 善光寺淵之坊, 2013-12
  • 説話画の系譜と社寺縁起
    『縁起堂淵之坊本善光寺如来絵伝』(若麻績侑孝監修), 善光寺淵之坊, 2013-12
  • 近世の十王図・六道絵(二)あま市七宝町徳実地区本十王図 ―十一人の十王―(下)
    愛知教育大学研究報告 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 62:91-98, 2013-03
  • 近世の十王図・六道絵(一)あま市七宝町徳実地区本十王図 ―十一人の十王―(上)
    愛知教育大学研究報告 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 61:120-128, 2012-03
  • The Reception and Transformation of Paintings of the Six Realms and Ten Kings in Medieval Japan: The Paintings of the Ten Realms Held by Zenrinji
    ACTA ASIATICA, 東方学会, 101:27-50, 2011-08
  • 中世日本における六道絵・十王図の受容と変容 ―禅林寺本十界図をめぐって―
    中野玄三ほか編『方法としての仏教文化史 ヒト・モノ・イメージの歴史学』, 勉誠出版, :367-394, 2010-11
  • 六道絵における場と伝統
    阿部泰郎編『中世文学と隣接諸学2 中世文学と寺院資料・聖教』, 竹林舎, :326-353, 2010-10
  • The Reception and Transformation of Paintings of the Six Realms and Ten Kings in Medieval Japan: The Depiction of the Ten Realms Held by Zenrinji
    国際東方学者会議紀要, 東方学会, 54:122-123, 2010-01
  • 地獄十王思想と道教
    展覧会図録『道教の美術』, 大阪市立美術館, :334-336, 2009-07
  • 「作品解説」地蔵十王図(弘川寺)・十王図(鎌倉国宝館)・六道絵(新知恩院)・伝星宿図(瑞泉寺)・道仏二教諸尊図(妙興寺)・十王図および水陸道場図(個人蔵)
    展覧会図録『道教の美術』, 大阪市立美術館, :365-369, 2009-07
  • 出光美術館本十王地獄図について
    交流と伝統の視点から見た仏教美術の研究 ―インドから日本まで―(科学研究費基盤研究(B)研究報告書/代表:宮治昭), :251-264, 2008-05
  • 弘川寺本地蔵十王図と水陸画
    宮治昭先生献呈論文集編集委員会編『汎アジアの仏教美術』, 中央公論美術出版, :357-378, 2007-12
  • 腐乱死体のイコノロジー―九相詩図像の周辺―
    説話文学研究, 説話文学会, 42:125-132, 2007-08
  • フォーラム 絵解きの世界『熊野観心十界曼荼羅を読み解く ―生と死を結ぶもの―』概略
    絵解き研究, 絵解き研究会, 20・21:1-6, 2007-08
  • 出光美術館本六道十王図に見る伝統と地域性
    宗教民俗研究, 日本宗教民俗学会, 16:42-60, 2006-12
  • 「途上としての空」―水陸画と空中表現―
    GRMC編『国際比較神話学シンポジウム原稿集 風と鳥の神話学―天がける神霊』, 比較神話学研究組織 GRMC (広島市立大学), :196-207, 2006-09
  • 「作品解説」東大寺公慶堂地蔵菩薩立像・興福院阿弥陀三尊像・橘寺日羅像・即成院阿弥陀如来二十五菩薩坐像・浄瑠璃寺阿弥陀如来坐像・東慶寺水月観音菩薩半跏像・常喜院地蔵菩薩坐像・観心寺地蔵菩薩立像
    關信子・山崎隆之編『山渓カラー名鑑 仏像』, 山と渓谷社, :67,200,397,539-541,570-572,599,666,689, 2006-04
  • 幽明往還 ―縁起絵に見る中世・近世日本の他界往還のイメージ―
    細田あや子・渡辺和子編『宗教史学論叢10 異界の交錯 上巻』, リトン, :323-346, 2006-02
  • 六道絵に表れたイメージとテクストとの関連性について
    木俣元一編『宗教美術におけるイメージとテクスト』((「統合テクスト科学の構築」国際研究集会報告書, 第5回), 名古屋大学大学院文学研究科, :49-130, 2005-10
  • 物語られた六道図像 ―善光寺如来絵伝への六道絵の影響―
    アジア遊学, 勉誠出版, 79:214-235, 2005-09
  • 密蔵院所蔵地蔵十王図について
    安城市歴史博物館研究紀要, 安城市歴史博物館, 12:48-57, 2005-03
  • 六道絵にみる絵と語り
    歴博, 国立歴史民俗博物館, 127:6-9, 2004-11
  • 『往生要集』と地獄の絵画
    佐野みどり・並木誠士編『中世日本の物語と絵画』, 放送大学教育振興会, :131-144, 2004-03
  • 絵解きと物語絵画
    佐野みどり・並木誠士編『中世日本の物語と絵画』, 放送大学教育振興会, :145-158, 2004-03
  • 信仰と美術
    佐野みどり・並木誠士編『中世日本の物語と絵画』, 放送大学教育振興会, :185-197, 2004-03
  • 地獄極楽道中案内 -六道絵に見る他界観- (下)
    出光美術館 館報, 121:2-23, 2002-11
  • 地獄極楽道中案内 -六道絵に見る他界観- (上)
    出光美術館 館報, 120:4-26, 2002-08
  • 和歌山市・総持寺本六道十王図をめぐって
    美学美術史研究論集, 名古屋大学大学院文学研究科美学美術史研究室, 17・18:66-85, 2000-12
  • 愛知県下の水陸画関連作例について
    愛知県史研究, 愛知県, 4:113-128, 2000-03
  • Le parcours dans les enfers au Japon, d'après le tableau des SIX VOIES ET LES DIX ROIS du temple Chogakuji
    IRIS, Centre de recherche sur l'imaginaire, Université Stendhal-Grenoble3,France, 18:115-119, 1999-12
  • 新知恩院本六道絵の主題について-水陸画としての可能性-
    密教図像, 密教図像学会, 18:69-85, 1999-12
  • 東西中世の絵画にみる他界観-悪道と煉獄の比較を中心に-
    仏教文学, 仏教文学会, 23:21-31, 1999-03
  • 寺社縁起と絵解き
    国文学解釈と鑑賞, 至文堂, 811:16-23, 1998-12
  • 茨木市水尾地区本六道十王図について-図像とその構成を中心に-
    仏教芸術, 仏教芸術学会, 236:35-56, 1998-01
  • 高達奈緒美氏蔵「十王地獄図」(仮題)と水陸画
    絵解き研究, 絵解き研究会, 13:1-26, 1997-09
  • 茨木市水尾弥勒堂所蔵六道十王図に関する基礎的考察
    愛知教育大学研究報告 人文・社会科学編, 愛知教育大学, 46:226-215, 1997-03
  • 『十王讃歎鈔』系諸本と六道十王図
    東海仏教, 東海印度学仏教学会, 42:1-17, 1997-03
  • 専光寺所蔵の地獄絵巻について
    刈谷市史だより, 刈谷市教育委員会生涯学習課, 28:1-2, 1997-03
  • 六道十王図のコスモロジー
    立川武蔵編『マンダラ宇宙論』, 法蔵館, :271-303, 1996-09
  • 嘔吐者の図像-六道絵と法華経絵の図像的接点-
    美学美術史研究論集, 名古屋大学文学部美学美術史研究室, 11:93-110, 1993-12
  • 四苦図像の系統と展開-病苦と死苦の図像を中心に-
    密教図像, 密教図像学会, 12:61-71, 1993-12
  • 悪道の母子-日中における図像と意味内容の変遷-
    立川武蔵編『曼荼羅と輪廻』, 佼成出版社, :297-320, 1993-11
  • めぐりわたる悪道-長岳寺本六道十王図の図像をめぐって-
    仏教芸術, 仏教芸術学会, 211:39-59, 1993-11
  • 絵巻物から屏風絵へ-後三年合戦絵巻にみる合戦絵の変貌-
    びぞん, 美術文化史研究会, 87:1-18, 1993-09
  • 目連救母説話図像と六道十王図
    仏教芸術, 仏教芸術学会, 203:48-70, 1992-08
  • 禅林寺本十界図の図像をめぐる小考察
    美学美術史研究論集, 名古屋大学文学部美学美術史研究室, 9:87-104, 1991-09
  • 禅林寺本十界図の研究
    名古屋大学 修士学位論文, 1991-01
学会発表
  • 地獄絵・六道絵と絵解き
    同朋大学仏教学会大会, 2014-12
    同朋大学
  • 「室町時代後期から江戸時代にかけての六道図像の変容」
    仏教文学会6月例会, 2014-06
    龍谷大学
  • 淵之坊本善光寺如来絵伝について:牛頭天王との関わり
    「仏教儀礼の成立と展開に関する総合的研究」研究会, 2013-03
    金沢大学
  • 淵之坊本善光寺如来絵伝について
    教育研究プロジェクト「文化創造とその展開および発展」, 名古屋大学, 2012-07
    会場:名古屋大学
  • バーチャル・メディアとしての六道絵
    50周年記念大会シンポジウム「説話とメディア―媒介と作用―」, 説話文学会, 2012-06
    会場:立教大学
  • 浄罪の旅―日本の場合―
    全国大会シンポジウム「「浄罪の場所」表象の東西―この世・あの世または第三の場所」, 美学会, 2011-10
    会場:東北大学
  • 熊野系浄土双六の機能について
    東海印度学仏教学会学術大会, 東海印度学仏教学会, 2011-07
    会場:東海学園大学名古屋キャンパス
  • 熊野系浄土双六と儀礼
    宗教と儀礼に関する研究会, 金沢大学, 2011-02
  • 場をめぐる六道絵の伝統
    比較人文学先端研究「中世宗教テクスト研究の可能性」, 名古屋大学大学院文学研究科, 2009-12
    会場:名古屋大学
  • 善光寺如来絵伝に描かれた「鬼」
    定例研究会特別企画「鬼―東アジアにおける鬼神像の成立」, 東アジア恠異学会, 2009-09
    関西学院大学
  • 中世日本における六道絵・十王図の受容と変容―禅林寺本十界図をめぐって―(招待講演)
    国際東方学者会議東京会議, 2009-05
    会場:日本教育会館 2009年5月15日
  • 天空へ至るゲーム―浄土双六について―
    国際比較神話学シンポジウム「天空遊行 天への道」, 2007-09
    会場:花園大学 2007年9月8日
  • 九相詩図像の周辺(招待講演)
    説話文学会・仏教文学会合同シンポジウム「『九相詩絵巻』をめぐって」, 2006-10
    会場:慶応大学
  • 途上としての空―水陸画と空中表現―
    国際比較神話学シンポジウム「風と鳥の神話学 天がける神霊」, 2006-09
    会場:花園大学
  • はかなき日月―六道絵周辺の日月表現―
    国際比較神話学シンポジウム「日月 人と動物」, 2006-01
    会場:南山大学
  • 出光美術館本六道十王図と宗教民俗(招待講演)
    日本宗教民俗学会大会, 2005-06
    会場:大谷大学
  • 六道絵に表れたイメージとテクストの関連性について(招待講演)
    「総合テクスト科学の構築」第5回国際研究集会, 2005-01
    会場:名古屋大学
  • 『善光寺如来絵伝』の図像―六道図像との関連を中心に―(招待講演)
    比較人文学先端研究「善光寺如来と聖徳太子」, 2002-12
    会場:名古屋大学
  • 日本に将来された水陸画(招待講演)
    特別推進研究シンポジウム「日本における外来の美術の受容についての研究」, 2001-03
    会場:東京国立文化財研究所
  • 弘川寺本地蔵十王図と水陸画
    仏教文化財学研究会, 2001-02
    会場:滋賀県立琵琶湖文化館
  • 日本人は地獄をどのように描いたか(招待講演)
    富山県[立山博物館]開館10周年記念特別企画シンポジウム「日本人の自然観と立山地獄」, 2000-11
    会場:富山国際会議場
  • 弘川寺本地蔵十王図の主題について-水陸画としての可能性-
    インド美術仏教美術研究会, 2000-06
    会場:名古屋大学
  • 和歌山市総持寺本六道十王図をめぐって
    インド美術仏教美術研究会, 1999-05
    会場:名古屋大学
  • 新知恩院本六道絵の主題について-水陸画としての可能性-
    密教図像学会学術大会, 1998-12
    会場:神奈川県立金沢文庫
  • 六道十王図にみられる日本の悪道表現-長岳寺本六道十王図を中心に-
    日本学術振興会国際シンポジウム「荒猟師の古今東西」, 1998-09
    会場:名古屋大学
  • 東西中世の絵画に見る他界観-悪道と煉獄の比較を中心に-(招待講演)
    仏教文学会大会, 1998-06
    会場:国士館大学
  • 中世後期における六道絵と十王図に関する図像学的研究
    鹿島美術財団研究発表会, 1998-05
    会場:鹿島建設KIビル
  • 水陸画をめぐって-高達奈緒美氏蔵「十王地獄図」を中心に-
    絵解き研究会例会, 1997-02
    会場:明治大学
  • 新知恩院本六道絵について-水陸画としての可能性-
    インド美術仏教美術研究会, 1997-02
    会場:名古屋大学
  • 『十王讃歎修善鈔』他と六道十王図にみる死後観の変遷
    東海印度学仏教学会学術大会, 1996-07
    会場:名古屋大学
  • 茨木市水尾地区本六道十王図について-構成を中心として-
    美術史学会東支部例会, 1996-07
    会場:東京大学
  • 六道十王図のコスモロジー
    科学研究費補助金特定研究シンポジウム「マンダラと自己-アジアの宇宙論-」, 1994-11
    会場:国立民族学博物館
  • 嘔吐者の図像-六道絵と法華経絵の図像的接点-
    宗教史研究会例会, 1994-05
    会場:愛知学院大学
  • 『十王讃歎修善鈔』をめぐって
    インド美術仏教美術研究会, 1994-04
    会場:名古屋大学
  • 長岳寺本六道十王図について-図像の問題を中心に-
    美術史学会全国大会, 1993-05
    会場:関西大学
  • 四苦図像の考察
    密教図像学会学術大会, 1992-12
    会場:真福寺宝生院
  • 十王図の図像をめぐって
    インド美術仏教美術研究会, 1991-11
    会場:名古屋大学
  • 地蔵菩薩霊験記絵について
    日米大学院生会議, 1990-03
    会場:鹿島建設セミナーハウス
その他
  • 「産」とあの世の図像学
    『怪』, 42:60-63, 2014-07
  • 書評 渡邉里志著『仏伝図論考』
    『東海仏教』, 東海印度学仏教学会, 59:105-111, 2014-03
  • 『地獄探訪 女子は全員地獄行き!?』
    朝日新聞出版, 2013-08
  • 『地獄大図鑑 ようこそ、死後の世界へ』
    PHP研究所, 2013-08
  • 『瑞雲山本光寺文化財調査総合報告』
    幸田町教育委員会, 2013-03
  • 地獄絵を読む
    『怪』, 角川書店, 36:163-166, 2012-07
  • 新刊紹介 小栗栖健治著『熊野観心十界曼荼羅』
    絵解き研究, 絵解き研究会, 23:124-127, 2011-05
  • 代表:宮治昭
    『交流と伝統の視点から見た仏教美術の研究 -インドから日本まで-』 科学研究費基盤研究(B) (研究報告書)
    (龍谷大学), 2008-05
  • 代表:篠田知和基
    比較神話学シンポジウム 天空遊行―天への道(国際シンポジウム原稿集)
    比較神話学研究組織GRMC(広島市立大学), 2007-09
  • 代表:篠田知和基
    比較神話学シンポジウム 風と鳥の神話学 天がける神霊(国際シンポジウム原稿集)
    比較神話学研究組織GRMC(広島市立大学), 2006-09
  • 書評 亀井若菜著『表象としての美術、言説としての美術史 ―室町将軍足利義晴と土佐光茂の絵画―』
    絵解き研究, 絵解き研究会, 19:107-112, 2005-12
  • 新刊紹介 林雅彦編『生と死の図像学 ―アジアにおける生と死のコスモロジー―』
    絵解き研究, 絵解き研究会, 19:113-119, 2005-12
  • 代表:木俣元一
    宗教美術におけるイメージとテクスト(国際研究集会報告書)
    名古屋大学大学院文学研究科, 2005-10
  • 共著:福江充
    開館10周年記念資料集 地獄遊覧 -地獄草紙から立山曼荼羅まで-(展覧会図録)
    富山県[立山博物館], 2001-09
  • 六道絵の図像構成に関する研究 -六道・立山・山中他界-(研究報告書)
    富山県[立山博物館], 2000-03
  • 代表:篠田知和基
    比較シンポジウム 荒猟師伝承の東西(国際シンポジウム報告書)
    日本学術振興会, 1999-02
  • 代表:宮治昭
    名古屋市内寺院の仏画(予備調査編)(調査報告書)
    名古屋市教育委員会, 1998-03
  • 中世後期における六道絵と十王図に関する図像学的研究(研究報告)
    鹿島美術研究年報, 鹿島美術財団, 第14号別冊:1-11, 1997-11
  • 代表:宮治昭
    西尾市悉皆調査報告1 社寺文化財(彫刻・絵画)報告書(調査報告書)
    西尾市教育委員会, 1995-07
  • 代表:宮治昭
    名古屋市の仏画調査記録(下)(調査報告)
    名古屋大学古川総合研究資料館報告, 名古屋大学古川総合研究資料館, 10:129-149, 1994-09
  • 代表:宮治昭
    名古屋市の仏画調査記録(上)(調査報告)
    名古屋大学古川総合研究資料館報告, 名古屋大学古川総合研究資料館, 9:187-215, 1993-09
  • 代表:宮治昭
    小原村文化財調査事業 川見薬師寺調査報告書(調査報告書)
    小原村教育委員会, 1993-03

研究費

受託研究
  • 2006 - , 三重県伊賀市西蓮寺仏画調査
  • 2005 - , 愛知県七宝町普賢堂旧蔵仏画調査
  • 2005 - , 愛知県瀬戸市満徳寺仏画調査
  • 2005 - , 三重県伊賀市長隆寺・西蓮寺仏画調査
  • 2004 - , 愛知県美術館・木村定三コレクション仏画調査
  • 1999 - 2000 , 富山県[立山博物館]調査研究委託
  • 1994 - , 愛知県史編纂委員会文化財部会文化財調査
  • 1993 - , 愛知県豊山町文化財調査
  • 1992 - , 愛知県東郷町祐福寺文化財調査
  • 1992 - , 愛知県小原村川見薬師寺文化財調査
  • 1991 - 1992 , 愛知県名古屋市仏画調査
  • 1989 - 1994 , 愛知県西尾市文化財悉皆調査
科学研究費補助金(研究代表者)
  • 2003 - 2006 , 東アジアにおける悪道巡歴・救済イメージの展開と相互影響に関する研究 , 若手研究B
  • 2001 - 2003 , 東アジアの中での日本の他界イメージの形成と展開に関する研究 , 奨励研究A
  • 1997 - 1999 , 水陸画の展開と影響に関する研究 , 奨励研究A
  • 1994 - 1995 , 日本中世・近世における六道十王図の研究 , 奨励研究A
科学研究費補助金(研究分担者)
  • 2005 - 2009 , 神話のコスモロジー , 基盤研究A
  • 2004 - 2008 , 交流と伝統の視点から見た仏教美術の研究 ―インドから日本まで― , 基盤研究B

研究諸活動

学術専門雑誌等編集
  • 2007-2011 , 絵解き研究会 , 2011年終刊

教育活動実績

授業等

  • 2017 , 前期 , 西洋美術史
  • 2017 , 前期 , 図画工作科教育A
  • 2017 , 前期 , 西洋美術史
  • 2017 , 前期 , 日本美術史
  • 2017 , 前期 , 美術史実習
  • 2017 , 前期 , 日本美術史
  • 2017 , 前期 , 日本美術史演習Ⅱ
  • 2017 , 前期 , 東洋美術史演習Ⅰ
  • 2017 , 後期 , 多文化リテラシー
  • 2017 , 後期 , 東洋美術史
  • 2017 , 後期 , 東洋美術史
  • 2017 , 後期 , 日本美術史演習Ⅰ
  • 2017 , 後期 , 美術史演習
  • 2017 , 後期 , 東洋美術史演習Ⅱ

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. 株式会社メディアフュージョン
企画・運用 国立大学法人愛知教育大学
無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。