研究者総覧 | 愛知教育大学


詳細検索

大鹿 聖公(オオシカ キヨユキ)

  • 所属部署名:理科教育講座職名:教授
  • 住所:〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
  • 電話番号:FAX番号:
  • メールアドレス:
  • ホームページURL:
更新日:2017/05/11

プロフィール

兼担研究科・学部

  • 自然科学系

研究分野

  • 科学教育
  • 教科教育学
  • キーワード:理科教育 , 生物教材 , 環境教育

現在の研究課題

  • 地域の教育力向上を目指した理科教員養成カリキュラムの開発
    キーワード:教員養成 , カリキュラム , 教員研修
  • 社会教育施設を活用した理科授業カリキュラムの開発
    キーワード:社会教育施設 , 理科教材 , カリキュラム開発

所属学会

所属学会
  • 日本生物教育学会
  • 日本理科教育学会
  • 日本科学教育学会
  • 日本環境教育学会
  • 日本教科教育学会
  • National Association of Biology Teachers
  • National Science Teachers Association
  • アジア生物学教育協議会
所属学会役職担当
  • 2007-2010 , 日本生物教育学会 , 理事
  • 2007-2010 , 旭川実践教育学会 , 理事
  • 2007-2010 , 旭川実践教育学会 , 編集委員
  • 2006-2010 , 日本理科教育学会 , 北海道評議員
  • 2004- , 日本生物教育学会 , 編集委員

学歴

出身大学院・研究科等
  • 1994 , 広島大学 , 博士後期 , 大学院教育学研究科 , 中退
  • 1992 , 広島大学 , 博士前期 , 大学院教育学研究科 , 修了
出身学校・専攻等(大学院を除く)
  • 1990 , 広島大学 , 教育学部 , 卒業
取得学位
  • 修士(教育学) , 広島大学
  • 博士(学術) , 広島大学
免許・資格等
  • 中学校専修免許(理科)
  • 高等学校専修免許(理科)
  • 中学校1種免許(理科)
  • 高等学校1種免許(理科)

受賞学術賞

  • 2009 , 日本生物教育学会論文賞
  • 2002 , 日本生物教育学会奨励賞

研究職歴等

研究職歴
  • 2015- , 愛知教育大学教育学部 教授
  • 2010-2015 , 愛知教育大学教育学部 准教授
  • 2006-2010 , 北海道教育大学教育学部旭川校 准教授
  • 2002-2005 , 広島大学大学院教育学研究科 講師
  • 2001-2002 , 広島大学大学院教育学研究科 助手
  • 1994-2001 , 広島大学教育学部 助手

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
  • Learning from Cases: Unraveling the Complexities of Elementary Science Teaching
    Allyn & Bacon, 2001
  • 大鹿聖公
    単子葉植物の教材化に関する研究
    博士論文, 広島大学大学院教育学研究科, 2000
論文
  • 大鹿聖公
    体験型環境教育プログラムを理科授業に活用する
    理科の教育, 日本理科教育学会, 59(2):40-43, 2010
  • 山本裕太・大鹿聖公
    旭川市内における石狩川の水質調査に関する教材化
    北海道教育大学大雪山自然教育研究施設研究報告, 北海道教育大学大雪山自然教育研究施設, 44:17-25, 2010
  • 高橋一将,大鹿居依,大鹿聖公
    BSCS Science&Technologyにおける協働学習-プログラムにおける協働学習の構造とその部分的導入の効果を中心にして-
    理科教育学研究, 日本理科教育学会, 51(2):53-64, 2010
  • 大鹿聖公,水上典美,木村直人
    中学校理科第2分野における食物連鎖を理解するためのフクロウのペリットを用いた教材開発と授業実践
    生物教育, 日本生物教育学会, 51(1):1-8, 2010
  • 大鹿聖公
    イリノイ州立大学における中等理科教員養成システムの現状―イリノイ州教員免許制度と大学教育プログラムを中心に―
    北海道教育大学紀要A教育科学編, 北海道教育大学, 60(1):91-99, 2009
  • 大鹿聖公・大鹿居依・佐藤崇之・向 平和
    中学校理科第2分野「自然と人間」における活動教材の効果について その2-Project Wild (PW)を改良したアレンジ版活動教材「トンボ池を守ろう!」を使った授業実践から-
    生物教育, 日本生物教育学会, 50(1):1-10, 2009
  • 李京模・高橋一将・大鹿聖公
    韓国の初等学校教育課程科学編の分析―第7次初等学校教育課程と第7次改訂初等学校教育課程科学編の比較を中心として―
    旭川実践教育研究, 旭川実践教育学会, 13:1-8, 2009
  • 高橋一将・前川京子・宮崎真理子・大鹿聖公
    理科支援員による児童と教員への効果に関する研究―協働型支援員の実例から―
    旭川実践教育研究, 旭川実践教育学会, 13:19-26, 2009
  • 竹下俊治・原竜也・平山良太・向平和・佐藤崇之・大鹿聖公・永田淳・山崎博史
    広島県西条盆地における生物・地学教材ポイントマップの作製
    学校教育実践学研究, 広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター, 15:137-146, 2009
  • Kiyoyuki OHSHIKA*, Takayuki SATO, Heiwa MUKO, Shunji TAKESHITA and Kenji TORIGOE
    Influence of “Biological Experiment for Junior High School Science Teachers” on the Skills and Ability of Students in Pre-service Teacher Education Course
    The Asian Journal of Biology Education, Asian Association for Biology Education, 3:11-18, 2008
  • 大鹿居依、佐藤崇之、向平和、大鹿聖公
    中学校理科「自然と人間」における物質循環に関する教材開発-「炭素の旅」の開発と授業実践評価-
    理科教育学研究, 日本理科教育学会, 48(1):13-19, 2007
  • 大鹿聖公、佐藤崇之、向平和、竹下俊治、池田秀雄
    外来魚を用いた解剖教材の開発とその特性
    生物教育, 日本生物教育学会, 47(4):166-173, 2007
  • 佐藤崇之・向平和・大鹿聖公
    植物学教科書にみるコケ植物の取り扱いと教材開発への示唆
    広島大学大学院教育学研究科紀要第二部, 広島大学大学院教育学研究科, 55:35-42, 2007
  • 大鹿聖公
    中学校理科第2分野「自然と人間」における活動教材の効果について―環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」を用いた授業実践―
    生物教育, 日本生物教育学会, 45(3):170-180, 2006
  • 佐藤崇之、向平和、大鹿聖公、池田秀雄
    web教材「コケ植物の生活」の高等学校生物における授業実践による評価
    生物教育, 日本生物教育学会, 45(3):181-188, 2006
  • 佐藤崇之、大鹿聖公
    教科書分析と教材研究から見た高等学校生物における進化の単元に関する一考察
    広島大学大学院教育学研究科紀要第二部, 広島大学大学院教育学研究科, 54:17-24, 2006
  • 大鹿聖公・佐藤崇之・向平和・竹下俊治・鳥越兼治
    高等学校までの生物学習に関する調査分析-実験観察および教材生物についての知識・経験-
    広島大学大学院教育学研究科紀要第二部, 広島大学大学院教育学研究科, 54:417-424, 2006
  • 大鹿聖公・畦浩二・林靖弘・佐藤崇之・向平和
    体験学習法を導入した理科学習に関する研究-環境教育プログラムを用いた授業実践-
    広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 広島大学大学院教育学研究科, 34:377-382, 2006
  • 大鹿聖公
    アメリカ合衆国ジョージア州における高等学校生物教育の現状
    広島生物, 広島県高等学校理科研究部, 27:2-8, 2006
  • 大鹿聖公・佐藤崇之・向平和・竹下俊治・鳥越兼治
    高等学校までの生物に関する実験観察および飼育栽培経験についての調査分析
    広島大学大学院教育学研究科紀要第二部, 広島大学大学院教育学研究科, 53:455-462, 2005
  • 鳥越兼治,大塚攻,山内健生,大鹿聖公
    海と海辺の生物を題材とした体験・学習活動の実践(3)
    学校教育実践学研究, 広島大学教育学部, 11:73-79, 2005
  • Takayuki SATO,Kiyoyuki OHSHIKA,Hideo IKEDA
    Development of Teaching Material Using a Cellphone to Connect to the Internet - For Collecting Liverworts to Use Them for Observation Activities in the Classroom and in the Field
    The Asian Journal of Biology Education, Asian Association for Biology Education, 2:58-64, 2004
  • 大鹿聖公、佐藤崇之
    実験観察におけるweb教材の効果的な利用
    理科の教育, 日本理科教育学会, 51(12):18-20, 2002
  • 大鹿聖公、山下恵子、池田秀雄
    生物教育おけるインターネット活用の試み2―開発した教材の利用状況とアンケートによる評価―
    生物教育, 日本生物教育学会, 42(1):21-29, 2001
  • 永田洋一,畦浩二,白神聖也,池田秀雄,大鹿聖公
    ビデオ教材「ボルボックスの生活環」の開発と実践的評価
    広島大学教育学部・関係附属学校園共同研究体制研究紀要, 28:153-160, 2000
  • Ohshika, K. Treyes, R. Alcaide, E. and IKEDA, H
    The Use of the Internet System in Biology Education: Making Homepages About Experimental and Visual Information on Selected Topics in Biology
    Biology Education In The Third Millennium: Focus on Information Technology and Environmental Education, Asian Association for Biology Education, :92-95, 2000
  • Deborah J. Tippins, Andy Kemp, Yasushi Ogura, Mikio Akiyama, Hideo Ikeda, Tetsuo Isozaki, Hiroshi Ochiai, Kiyoyuki Ohshika, Shigekazu Takemura, Lynn Bryan, Carolyn Keys, Michael Padilla, Joseph P. Riley and Norman Thomson
    Learning to Teach Science: The Curriculum of Student Teaching in Hiroshima "Attached" Schools
    Journal of Science Teacher Education, Springer Netherlands, 11(3):189-206, 2000
  • 芳形浩道,大鹿聖公,池田秀雄
    シャジクモの生活環のVTR教材化とその実践での利用
    遺伝, 裳華房, 52(3):49-53, 1998
  • 大鹿聖公、池田秀雄
    生物教育におけるインターネット活用の試み―WWW用教材「インターネット版植物の生殖」の開発-
    生物教育, 日本生物教育学会, 37(1/2):9-16, 1997
  • 磯崎哲夫、大鹿聖公、池田秀雄
    教育学部理科教育学講座に収集されている史・資料による理科教育史研究の現状
    広島大学研究・教育総合資料館研究報告, 1:13-20, 1995
  • kiyoyuki Ohshika, Hideo Ikeda
    Isolation and preservation of the living embryo sac of Crinum asiaticum L. var. japonicum Baker
    Journal of plant research, 日本植物学会, 107:17-21, 1994
  • 大鹿聖公、池田秀雄
    タンパク質の消化に関する実験の開発
    生物教育, 日本生物教育学会, 34(3):221-226, 1994
  • 大鹿聖公
    中等教育用教科書における被子植物の生殖内容の取り扱いとその変遷
    教科教育学研究, 広島大学教科教育学会, 9:1-15, 1994
  • 大鹿聖公
    ユリ科植物の生殖細胞の形成に関する研究
    広島大学大学院教育学研究科修士論文抄, :121-124, 1992
翻訳
  • 古屋光一監訳
    理科の先生のための新しい評価方法入門―高次の学力を育てるパフォーマンス課題、その実例集
    北大路書房, 2008

研究費

共同研究
  • 1997 - 1999 , 理科教師教育に関する広島大学・ジョージア大学間の日米共同研究 , 日本学術振興会
  • 1994 - 2003 , 近畿大学原子炉等利用共同研究 , 近畿大学原子炉等利用共同研究経過報告書
科学研究費補助金(研究代表者)
  • 2010 - 2012 , 自然系社会教育施設を活用した地域・体験型理科教材プログラムの開発 , 基盤研究(C)
  • 2007 - 2009 , 地域の教育力向上を目指した教員養成及び教員研修のためのカリキュラム開発 , 基盤研究(B)
  • 2001 - 2002 , 理科及び総合的な学習の時間での利用に向けた環境教育に関する活動教材の開発 , 若手研究(B)
  • 1998 - 1999 , 植物の実験・観察に役立つインターネット用マルチメディア教材の開発 , 奨励研究(A)
科学研究費補助金(研究分担者)
  • 2006 - 2008 , 理科教育における真正の評価のためのパフォーマンス課題開発と評価支援のプロジェクト , 基盤研究(B)
  • 2006 - 2008 , 「NET理科ひろば」で地方小規模校を結ぶ理科教育プログラムの開発 , 萌芽研究
  • 2003 - 2004 , 教員養成系大学における生物教育コアカリキュラムの再構築に関する基礎的研究 , 萌芽研究
  • 2002 - 2004 , 生物及び環境に関するマルチメディア実験教材の開発とその開発途上国における利用支援 , 基盤研究(B)
  • 2002 - 2002 , 高等学校における組換えDNA実習を通した遺伝子教育に関する研究 , 特定領域研究
  • 1999 - 2000 , 細胞分裂と生殖に関する教育用マルチメディアプログラムの開発 , 基盤研究(C)
  • 1993 - 1995 , 実験・観察能力を強化するマルチメディア・ネットワークによる理科学習システムの開発 , 試験研究(B)
その他
  • 2005 - 2005 , 環境保護・保全を理解するための体験学習を導入した理科教材の開発 , 日産科学振興財団 , 日産科学振興財団理科・環境教育助成
  • 2005 - 2005 , 環境教育プログラム研究会 , 東広島市まちづくり活動事業

研究諸活動

学術専門雑誌等編集
  • 2004- , 日本生物教育学会
学術論文査読件数
  • 日本生物教育学会
  • 日本理科教育学会
  • 日本科学教育学会
  • 旭川実践教育学会
在外研究員等
  • 2000-2001 , 文部省在外研究員 ジョージア大学

教育活動実績

授業等

  • 2017 , 前期 , 初年次演習
  • 2017 , 前期 , 理科教育B
  • 2017 , 前期 , 理科教育CⅣ
  • 2017 , 前期 , 生物学ゼミナールⅠ
  • 2017 , 前期 , 理科教育A
  • 2017 , 前期 , 理科教育CⅡ
  • 2017 , 前期 , 理科教材論Ⅰ
  • 2017 , 前期 , 理科授業研究Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 理科教育CⅡ
  • 2017 , 後期 , 生物学ゼミナールⅡ
  • 2017 , 後期 , 教職実践演習
  • 2017 , 後期 , 理科授業研究特論Ⅱ
  • 2017 , 後期 , 理科教育特論演習
  • 2017 , 後期 , 教授方法の研究

社会活動実績

社会活動等

教員免許状講習
  • 2009-08-06 , 新学習指導要領に対応した新しい理科③理科教育編
本学以外の公的機関を通した活動
  • 2010-07-01-2011-03-31 , 海外教員研修シニアアドバイザー , 教員研修センター , シニアアドバイザー
  • 2009-02-06-2009-02-08 , 自然科学と理科教育 , 放送大学旭川サテライトスペース , 講師
その他社会活動
  • 2010-07-10 , 新しい授業と新しい教材・教具に関する研修会 , 講演 , 講師
  • 2010-04-20-2010-07-20 , 環境教育プログラム講習会 , プロジェクト・ワイルド/プロジェクトWET講習会 , 講師
  • 2009-12-08-2009-12-20 , 環境教育プログラム講習会 , プロジェクト・ワイルド/プロジェクトWET講習会 , 講師
  • 2008-10-17 , 第43回上川管内教育研究会南部地区研究大会 , 講演 , 講師

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. 株式会社メディアフュージョン
企画・運用 国立大学法人愛知教育大学
無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。